福本莉子が地上波連ドラ初主演! “リアル脱出ゲーム”×視聴者参加型ドラマがスタート

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京ほかでは、10月2日よりドラマ25「歴史迷宮からの脱出 〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京〜」(金曜深夜0:52)がスタート。第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞した福本莉子が地上波連続ドラマ初主演で、未来において改ざんされた歴史を修正するため過去にさかのぼるSFコメディードラマの主人公を演じる。

本作は、必要な暗号(=謎)を主人公が制限時間内に解き明かすという内容で、単体のドラマとして楽しめるだけでなくニュースアプリSmartNewsと連携。ドラマ内で出題される超難解の“謎”を制作するのは、謎解きイベント“リアル脱出ゲーム”の仕掛け人・SCRAP。アプリ内で視聴者がリアルタイムで回答を入力し、出演者と共に全国の参加者と回答順位を競い合う視聴者参加型の新感覚ドラマとなっている。

福本が演じる主人公・谷田純は、ギャルでおバカな女子高校生。スマホがないと生きていけず、面倒なことにはノータッチ。ある理由から過去にタイムリープをし、バグである暗号=謎を解読していくことに。本作について福本は、「お話をいただいた時は『脱出ゲームとドラマのコラボってどうなるんだろう?』と、すごく興味がありました。台本を読む前はミステリー系の作品なのかなと想像していたのですが、実際に台本を読んだらコメディー調で明るい雰囲気があり、物語が進むのが楽しそうだなと思いました」とコメント。

さらに「私の演じる純は、見た目はすごく派手な部分がありますが自由で明るく楽しい女の子です。今までにない“リアル脱出ゲーム”と“ドラマ”のコラボでドラマ単体としても楽しめますし、ストーリーも面白いので、視聴者の皆様には夜遅い時間帯ですが、ぜひリアルタイムで一緒に謎を解いていただきたいです」とアピールしている。

今作で謎制作を担当しているSCRAPの加藤隆生氏は「ドラマと謎解きが融合した番組というよりも、テレビと遊びが融合した新しい何かを作っています。まだ見たことのないものを作りたい人が集まって、ゲラゲラ笑いながら作っています。とても楽しい。この番組はきっと、テレビの前の人たちをただの視聴者ではなく、とても能動的なプレーヤーに変えてしまうでしょう。見ている人たちがドラマの行方をコントロールするような、そんな新しい遊びが生まれようとしています。こんなすごい番組に関わることができて光栄です」とコメントを寄せた。

また同局の森田昇プロデューサーは「グルメやライフスタイルを楽しく提示する作品を多く放送してきたドラマ25枠に、今回は実験的な作品で挑みます。タイムスリップし、改ざんされた歴史を修正することで現代と未来を救う…というSF。さらにストーリー内で登場する謎を定められた時間内で解かなければならないという緊縛感あふれるドラマ。ですが…実はノリ良く進むコメディーです。チョッとへんてこなノリで進む展開に、ひらめきを必要とするとんでもなく難しい謎が絡みます。深夜帯に楽しくドラマを見るも良し…、力いっぱい悩むのも良し…、という感じで楽しんでいただけたらと思います」と期待をあおっている。

物語の舞台は西暦2520年。正体不明のサイバーテロリストが歴史をハッキングする事態が発生し、かつての偉人たちは抹殺され、歴史上から消え去っていることが発覚する。偉人たちの成すべきことが成されなかったことで、歴史が大きく変わり、世界線も大きく変貌。現代では世界を巻き込んだ大戦が勃発してしまう…。過去のバグを修正し歴史を元通りにするため、現代を生きるおバカな女子高校生・純(福本)とその同級生・江畑がタイムリープ。バグである「暗号=謎」を解読できるか!? 2020年の現代、そして未来を救うことはできるのか?