PS5とFF16発売に「歓喜」と「不安」 「あの」名プロデューサーが忙しすぎて

©株式会社ジェイ・キャスト

ソニー・インタラクティブエンタテインメントがプレイステーション5(PS5)を2020年11月12日に発売すると発表した。予約販売は9月18日に開始する。

吉田直樹氏(画像はスクウェア・エニックス公式サイトのスクリーンショット)

このPS5向けタイトルとして、スクウェア・エニックス(東京都新宿区)が人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作「ファイナルファンタジー16(以下、FF16)」を発売を発表。ツイッターで話題だが、なぜか関連ツイートには「過労死」、「死なないで」など不穏な単語が並ぶ。

「取締役兼開発担当執行役員兼第三開発事業本部事業本部長」

「吉田」。ツイッターで連呼されている人物は、全世界累計登録アカウント数が1800万を突破した(19年12月時点)スクウェア・エニックスの人気オンラインゲーム「ファイナルファンタジー14(以下、FF14)」のプロデューサー兼ディレクター・吉田直樹氏だ。同社の「取締役兼開発担当執行役員兼第三開発事業本部事業本部長」を務め、現在進行形でFF14の開発や運営に携わっており既に多忙を極めているのだが、さらにFF16に「プロデューサー」として関わることが決定した。

ファイナルファンタジー14の公式ツイッターアカウントを通じ、きょう9月17日に吉田氏がツイッターで発したメッセージだ。2タイトルの重要なポストを「兼任」することを受け、心配するユーザーが多数出ている。

FF14「新生」させた仕掛け人に全幅の信頼

吉田氏の身を案じながらも、「吉田なら16買いたい気がする」とラブコールを送るユーザーも少なくない。昨今のファイナルファンタジーシリーズの出来映えに難色を示している人や、そもそもPS5を買う予定はなかった人も、吉田氏がプロデューサーならば「購入検討しようか」とのツイートが複数見られ、吉田「なら」と強調するフレーズが目立つ。というのも吉田氏は、FF14を「新生」させた仕掛け人として知られているからだ。

2010年にサービス開始したFF14には当初、厳しい評価を受けていた。同年12月10日にはスクウェア・エニックスの和田洋一社長(当時)が「お客様からファイナルファンタジーとしてご期待いただいている水準に達していないと、深く反省するとともに、心よりお詫び申し上げます」と公式に謝罪する事態に。その際に行われた開発体制の変更で、吉田氏はプロデューサー兼ディレクターに就任し、立て直しを図ってきた。

このため「14と16の掛け持ちは大変だと思うけど体に気を付けて頑張って」と鼓舞激励する声が出ている。ただ、重大なプロジェクトを同時に2つ背負う「尋常でない仕事ぶり」に対し、吉田氏は「ただの人ではない」といぶかる人も。実はアンドロイド説、分身作れる説、クローン説・・・。さらにFF14内に登場する、大いなる力を秘めた「蛮神」や、漆黒のローブと禍々しい仮面に身を包んだ謎多き存在「アシエン」なのではないかと、諸説入り乱れている。