大手シネコンも分かれる判断。映画館が「全席販売再開」に踏み切れない大きな理由

©BuzzFeed Japan株式会社

9月19日から、コンサートやスポーツイベント、演劇などのイベント開催制限が緩和される。前後左右の座席を空け、各スクリーンの客数を本来の50%に抑えていた映画館も対象だ。

だが、全国の映画館では、全席販売を再開するか、これまで通り50%で留めるか、大きく判断が分かれている。

Indrajit Guha / Getty Images

ようやく緩和したのになぜ? そこには、簡単に全席販売に踏み切れない理由があった。

大手シネコンも判断分かれる

9月11日の新型コロナウイルス対策専門家分科会では、「大声での歓声・声援などがないことを前提しうるもの」に分類された映画館。19日をもって、収容人数の100%の動員が可能になった。

しかし17日現在、4連休を控えるこの週末の対応は分かれている。全国展開をしているシネコングループを中心に調べてみたところ、以下のようになった。

全席販売再開

  • 109シネマズ(19日のみ)
  • T・ジョイ(新宿バルト9、横浜ブルク13、梅田ブルク7など)
  • テアトルシネマ(ヒューマントラストシネマ有楽町、キネカ大森など)
  • チネチッタ

座席空けを継続

  • TOHOシネマズ
  • イオンシネマ
  • ユナイテッド・シネマ

なぜここまで分かれているのか? 問題になっているのは「座席での飲食の有無」だ。

飲食を諦めるか? 迫られる2択

分科会資料の中の「感染防止のためのチェックリスト」を見ると、「飲食の制限」という項目が設けられている。

新型コロナウイルス感染症対策分科会 / Via cas.go.jp 必要な具体策として「感染防止策をおこなったエリア以外での飲食の制限」「休憩時間およびイベント前後の食事などによる感染防止の徹底」の2点をあげている

仮に満席の映画館の座席でポップコーンやドリンクを楽しむ場合、飲食をする際は、当然マスクを外さざるをえない。

向かい合った状態よりは飛沫が飛ぶ可能性が少ないとはいえ、隣や前の座席との距離は近く、アクリル板などの設置はない。もし友達や恋人と訪れたら、同じポップコーンを分け合うこともあるかもしれない。

感染防止対策は万全……とは言いかねるのが現状だ。__
__

「厚労省に確認したところ、座席を100%使用する場合、飲食は認められないとのことだった」

映画館向けの感染防止ガイドラインを制作している業界団体「全興連」(全国興行生活衛生同業組合連合会)」も、協議の上そう結論づけたという。

つまり、映画館は今

  • 座席を100%販売し、飲食の販売を取りやめる
  • 座席を50%に抑え、飲食の販売を継続する

の2択が迫られていることになる。

簡単に緩和できない…揺れる対応

引き続き販売数を抑えるTOHOシネマズ、イオンシネマは、BuzzFeed Newsの取材にそれぞれ以下のように答えた。

TOHOシネマズ「政府から飲食を伴う場合は50%を継続するようにとあったため、現状の座席数を継続する」

イオンシネマ「飲食の可否について、全興連のガイドラインを注視したい。現時点では、全席販売再開は考えていない」

aeoncinema.com / Via aeoncinema.com

全席販売を再開する映画館のうち、T・ジョイ系列は「劇場内での飲食に制限がかかる場合がございます」と明記している。

tjoy.jp / Via tjoy.jp

109シネマズは15日には全席販売再開をアナウンスしていたが、翌16日に20日の上映チケットの販売開始時間を24時間遅らせる旨を発表。

「ガイドラインの最終確認を行うため」としている。

109cinemas.net / Via 109cinemas.net

映画館にとって、飲食の収入は少なくない比率を占める。スタッフの雇用の問題もある。座席数を増やすか、飲食を諦めるか――苦渋の決断だ。

一度は全席販売を再開した映画館も、今後また座席を削減する可能性もあるかもしれない。