うなぎの旬は夏だと思ってない?

©株式会社ジェイ・キャスト

香ばしくべっこう色に焼かれたうなぎを口に含めば、ふわりと柔らかい身、脂の旨み、タレの味わいが押し寄せる。ご飯との相性も絶妙で、日本人の多くが愛する食材なのも納得だ。

画像は、「おとなの週末」2020年10月号(講談社)

「おとなの週末」2020年10月号(講談社)が、9月15日に発売された。今月の特集は「うなぎ」である。

画像は、「おとなの週末」2020年10月号(講談社)より(以下、同じ)

土用の丑の日があることから、なんとなく「夏」というイメージがあるうなぎ。しかし天然ものの場合、実は秋冬に旬を迎える。本誌には、そのような天然ものを比較的リーズナブルに味わえる店や、町の三ツ星店、うなぎで1杯を楽しめる店まで、ずらりと掲載されている。

実食を重ねてランキング化された冷凍食品は要チェック

本誌では、他にも、スーパーで買える商品を徹底的に食べ比べた「冷凍食品覆面大調査」など、読みごたえのある企画が盛りだくさん。どんどん便利かつおいしく進化している冷凍食品を、「おとなの週末」編集部が実食調査し、ランキングを決定する。

目次は、以下の通り。

・おいしく活力充填 やっぱりうなぎ
・年に一度は食べてみたい。歯ざわり、香り、脂よし 天然でご褒美うなぎ
・老舗の支店から東京進出店まで、全部新店! 最新三ツ星うなぎ店
・月に一度は食べに行きたい ちょいごち鰻
・週に一度のプチ贅沢 1500円以下のうな丼祭!
・飲み歩いて見つけた、楽しい呑み方はコレ! うなぎで一杯
・お重班、丼班、呑み班が集結 とことんうなぎ大座談会
・現地スタッフが食べて調べた 愛知・福岡でいつかはGoToしたい店
・まだまだ旬! 穴子も満喫したい
・旅気分で極楽グルメ 東京でソロめし
・ホントはどれが旨いのか? 冷凍食品覆面大調査
・おとなの週末×楽天市場 ご飯のお供をお取り寄せ
・お取り寄せ倶楽部が太鼓判 絶品つまみをお取り寄せ

その他、連載コラム等多数。

うなぎを食べなければ「食欲の秋」は始まらない。さっそく、目当ての店を見つけてみては。

※画像提供:講談社

  • 書名:おとなの週末 2020年10月号
  • 監修・編集・著者名: おとなの週末 編集部 編
  • 出版社名: 講談社
  • 出版年月日: 2020年9月15日
  • 定価: 770円(税込み)

(BOOKウォッチ編集部)