柳楽優弥 念願のMCデビュー!…が、斬新すぎる進行にTOKIOもお手上げ!?

©株式会社フジテレビジョン

9月16(水)に放送された『TOKIOカケル』は柳楽優弥が登場。バラエティ番組への出演がほとんどない柳楽に、これまで聞かれたことがないであろう質問をTOKIOがぶつける「生まれてはじめて聞かれました」で、意外過ぎる素顔を披露した。

14才でデビューした柳楽は、初めて出演した映画「誰も知らない」で、第57回カンヌ国際映画祭・最優秀男優賞を史上最年少で受賞。帰国後の会見で「こんな…子が…こんな賞を獲っちゃったら、日本はどうなんだ?」とコメントし、大物ぶりを覗かせた。

ジャニーズに履歴書を送っていた過去が判明

城島茂は「自薦?他薦?」とこの世界へ入ったきっかけを質問。柳楽は「最初にジャニーズJr.のオーディションを受けて、書類審査は通ったんです。でも、通知がきたのが1年後で、その時は今の事務所に入って仕事を始めていたので…」と、ジャニーズに入っていたかもしれない過去を明かし、TOKIOもビックリ。

国分太一が「誰に憧れてたの?」と聞くと、「長瀬(智也)さんのドラマが好きで」と打ち明けた柳楽。その横でソワソワする城島に気づいた松岡昌宏は、すかさず「一瞬、城島さんが(自分かと勘違いして)モジモジしだしたけど、お前は大丈夫だぞ」と否定し、スタジオの笑いを誘った。

カラオケではTOKIOの「『宙船』をよく歌う」という柳楽。(左から)松岡昌宏、城島茂、柳楽優弥、長瀬智也、国分太一

柳楽は「中学生の時に友達が昼ドラに出ていたんですけど、それを友人同士で見ながら盛り上がっていて、俺も人を笑わせたいなって」と俳優に興味を持ったきっかけを説明。

アクの強い役柄を演じることが多いが、「コメディが好き。シリアスなものも好きですけど、今まで演じてきたのは重めのテーマが多かったので、これからは等身大の役もやっていきたい」と明かした。

松岡は「芸能界で一番ビビった人誰?」と質問し、これには「カンヌ国際映画祭で賞をいただいた時の審査委員長がクエンティン・タランティーノ監督で。だけど僕は(学校の)中間試験で帰国しないといけなかったので会えなかったんです」。

しかし、「30歳を記念して『やぎら本』っていうアニバーサリーブックを出すんですけど、そこでようやく対談できて。緊張したな、ビビったなという感じでした」と大物監督とのエピソードを振り返った。

持ち前の演技力で乗りきるかと思いきや、すっぱいタコスに「う゛ぇ!」

国分は「子役から始めて、いろいろな顔を見せてきてくれたけど、次は何をしたい?」と聞き、柳楽が照れくさそうに「クイズ番組のMCをやってみたい」とつぶやくと、想定外の願望にTOKIOはポカーン。

そんな柳楽の夢をかなえるべく、「柳楽優弥のクイズタコス」がスタート。柳楽はソンブレロをかぶり、「この番組は、私の大好きなタコスに特化した画期的なタコスクイズバラエティです。そして、クイズに挑戦してくれる最高の仲間・アミーゴはTOKIOの皆さん!」と紹介し、「タコス王になりたいか~?」とハイテンションで呼びかけた。

やる気満々の柳楽だったが、「タコス好き、ひゃ、100人に聞きました」とのっけから甘噛み。国分から「1回、水を入れます?」と心配されると、長瀬は「そんな司会者いない」と出題前に給水する司会者に苦笑した。

さらに、柳楽は何の説明もなく、マラカスや足音でヒントを出したり、シンキングタイムに踊り出したり、予想外の行動に出る。また、正しい答えではないものの、「僕が好きでした」と勝手に正解にするなど、もはやクイズではなく大喜利になってしまい、スタジオ中が大爆笑となった。

鋭い視線で「ファイナルアンサー?」と問いかけたかと思いきや、(間を)たっぷりととった末に「これ『ちょっと長くして』と言われちゃって」とスタッフの指示であったことを、はにかみながら暴露。素直すぎる司会者に松岡が「そこは言わなくていい」とツッコむ場面も見られた。

TOKIOとの初共演に「ちょっと今日、頑張りたいな」と緊張感たっぷりの柳楽だったが、いつの間にか自分のペースに大先輩を巻き込み…

ラストは3つのタコスが登場し、それを試食した柳楽の表情から、1つだけ仕込まれた酸っぱいタコスをTOKIOが当てることに。「ここで演技力を出したい」と張り切る柳楽は、3つ目のタコスを口にした瞬間「う゛ぇ!」と声にならない声を出し、あからさまに吐きそうな顔を。

面白がった国分が「今ちょっとわからなかったよね?もう1回だけ(3つ目の)Cを食べてもらう?」と悪ノリし、何食わぬ顔でタコスをパクついた柳楽だったが、明らかに不快な表情を浮かべ笑わせた。

念願のMCデビューを終えた柳楽は、「MCの方ってすごいんだなと改めて感じました」と感心しつつ、「ひたすら元気を与えられる俳優になりたい」と唐突に目標をポツリ。最後まで独自のワールドをひた走っていた。

次週9月23日(水)の『TOKIOカケル』は、タカアンドトシが番組初登場。「生まれてはじめて聞かれました」でTOKIOがタカトシの知られざる素顔に迫る。