秋葉原でGeForce RTX 3080が販売解禁 - 実売95,000円前後から

©株式会社マイナビ

9月17日22時、NVIDIAの最新グラフィックスカード「GeForce RTX 3080」の販売が解禁された。東京・秋葉原の一部パーツショップでは、この解禁にあわせて深夜販売が実施された。当日は整理券/抽選券の配布が20時~21時半頃に始まり、解禁前から大勢のファンが集まり賑わっていた。入荷数はかなり少なかったようで、倍率は高め。深夜販売を実施したどこのショップでも、解禁と同時に売り切れてしまうという状態だった。

GeForce RTX 3080は、NVIDAのRTXシリーズでは第2世代にあたる「Ampereアーキテクチャ」を採用した最新の高性能GPU。なによりも、従来製品を大きく上回る強烈に高いパフォーマンスが特徴だ。では詳細なベンチマークテストの結果も掲載しているので、ぜひ確かめていただきたい。

各ショップとも入荷数は数十台といったところで、かなりの高額パーツではあるものの即完売。ショップによっては、当日の13時頃から既に並んでいる人もいたという。

ドスパラパーツ館

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店

TSUKUMO eX.