Windows 10ミニTips 第540回 Edgeでダウンロード時の動作が変わる?

©株式会社マイナビ

「ダウンロード時の動作を毎回確認する」項目が登場

Microsoft Edgeでファイルのダウンロードを試みると、ウィンドウ下部に進捗を示すプログレスバーなどが現れ、即時ダウンロードが始まる。だが、何らかの理由でMicrosoft Edgeの設定に変更が加わると、コモンダイアログによる「名前を付けて保存」が現れるようになってしまう。

ダウンロード時の動作は「ダウンロードする前に各ファイルの保存先を確認する」の設定が鍵を握っており、同スイッチがオフの場合は即時ダウンロード。オンの場合はコモンダイアログによる操作が必要になる仕組みだ。

どちらの操作が好ましいか否か、個人の使用スタイルに左右されるものの、今後この動作は変化する。現在、CanaryチャネルおよびDevチャネルでリリースしている開発中のMicrosoft Edge(バージョン87.0.629.x以降)では、この設定項目名が「ダウンロード時の動作を毎回確認する」に変更されたからだ。

「ダウンロード時の動作を毎回確認する」のスイッチがオフの場合は即時ダウンロードが始まるものの、オンの場合は「開く」「名前を付けて保存」といったボタンが現れ、Microsoft Edgeレガシーのような操作が可能になる。

まとめると、ダウンロードに関する設定項目がオフであれば、今後も変更はない。だが、オンの場合は前述したように、操作内容が若干変化することを覚えておいてほしい。