玉木宏主演『極主夫道』、伝説の極道・虎二郎役に滝藤賢一 「体を鍛えないと」

©ブロードメディア株式会社

日曜ドラマ『極主夫道』虎二郎役の滝藤賢一(C)読売テレビ

俳優の玉木宏が主演を務め、10月11日にスタートするドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、俳優の滝藤賢一が出演することが発表された。滝藤は“剛拳の虎”と呼ばれた伝説の極道・白川虎二郎役を演じる。

おおのこうすけによる同名漫画(新潮社「くらげバンチ」連載中)をドラマ化する本作は、極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。主人公・龍を玉木、龍の妻・美久を川口春奈、龍の元舎弟・雅を志尊淳がそれぞれ演じる。

極道時代は“不死身の龍”の異名で恐れられた龍。裏社会に数々の伝説を残したが、極道から足を洗った後は美久と結婚し、主夫業に打ち込んでいる。足を洗ってからもその外見や言動は極道時代のものが抜けておらず、それゆえに周囲の人物を畏怖させてしまうことも多いが、本人に自覚はない。

滝藤が演じる白川虎二郎は、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だったが現在は1人で露店クレープ屋を営み、龍とは壮絶な舌戦を繰り広げる。

滝藤は出演が決まったときの気持ちを「まさか玉木さんと相対するような役とは思っていなかったので、正直驚きました。すごく嬉しかったのですが、体を鍛えないといけないことと、カツラの問題もありましたし、方言も広島弁ということで、いろいろ超えなければいけないハードルがいっぱいあり、大変なことになるだろうな、と思いました」と明かす。

役どころについては、「正直、めちゃくちゃカッコイイですよね。漫画原作も読みましたが、虎二郎以外考えられなかったです。まさか43歳にして、こんなにカッコイイ役が回ってくるとは、夢のようです(笑)」と話している。

ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月11日より毎週日曜22時30分放送。