またDIMEがやってくれた!豪華付録の折りたたみ式マルチツールがスゴイ

©株式会社ジェイ・キャスト

思わず「え!この値段でいいの?」と誰かに言いたくなるほどの豪華付録が目を引く雑誌「DIME」(小学館)。これまでにも、マスクやデジタル調理温度計、スマホ用望遠レンズ、USBモバイル扇風機などさまざまな付録が話題になってきた。

画像は、「DIME」2020年11月号(小学館)

2020年9月16日に発売した11月号の付録もすごい。手のひらサイズに収まるコンパクトな工具で、オープン、ソケット、棒などの各種レンチに加えて、プラスとマイナスのドライバーが一体化した計14種類のツールが使える。

画像は、「DIME」2020年11月号の付録「DIME MULTI WRENCH & TOOL 14」

家具、家電、ラジコン、楽器などの組み立て、各種設備の保守点検、自転車やバイクなどの組み立てやパーツの調整、セッティングなど、DIYから仕事まで様々な用途で使える。以下の3枚の画像は、「DIME」2020年11月号の付録「DIME MULTI WRENCH & TOOL 14」の使用例。

自転車の調整やパーツの組み立てに
家具の組み立て、修理、金具の調整に
楽器の調整もできて便利
折りたたんで携帯できる

本体990円(税込み)という手に取りやすい価格もうれしい。DIMEのプレスリリースによると、「強度もしっかりしている超本格派」。ひとつ持っているといざというとき役立ちそうだ。

手のひらサイズでコンパクト

誌面の特集テーマは「オンラインビジネス」。初心者から上級者まで、ウェビナー、ライヴコマース、オンラインサロンについて、スペシャリスト達が解説する。オンラインサロンの会員を7万人も得たことで注目を集める西野亮廣さんやライブコマースを使って自身がプロデュースした洋服を完売続出させている小嶋陽菜さんのインタビューは見逃せない。

※画像提供:小学館

  • 書名:DIME 2020年11月号
  • 監修・編集・著者名: DIME 編集部 編
  • 出版社名: 小学館
  • 出版年月日: 2020年9月16日
  • 定価: 本体990円(税込み)
  • 備考: 付録なしの電子版あり価格は500円(税込み)

(BOOKウォッチ編集部)