島原-島原港の一部区間再運休 島原鉄道

©株式会社長崎新聞社

 島原鉄道(島原市)は17日、新型コロナウイルスの影響による利用減少を受け、土日祝日に運行する午前9時21分島原港発諫早行き急行1便と島原-島原港の上下計9便の一部区間を再び運休すると発表した。当面の間運休する予定。
 急行1便の部分運休は、島原港-本諫早で実施。午前10時38分本諫早発諫早行として区間を短縮して運行する。また、島原-島原港については、上下便の島原-島原船津で実施。島原港発の上り5便は次駅の島原船津までの運行となり、島原発の下り4便は始発駅が島原船津となる。
 土日祝日の朝運行する急行1便と島原-島原港の上下計9便の部分運休は4月18日から実施され、7月11日に運行を再開していた。