貯金ができない人の特徴って? 貯金できる人になるための5つのポイント

©株式会社マイナビ

「貯金をしようと思ってもなかなか長続きしない」「貯金があるとすぐに使ってしまう」など、貯金ができない悩みを抱える人は少なくありません。貯金がうまくできない人には、いくつか共通する特徴や理由があります。まずは自分の癖や思考を理解した上で、貯金ができる人のやり方を知り、改善してみるといいでしょう。

ここでは、貯金ができない人の特徴と、貯金を長続きさせるための方法についてご紹介します。

貯金できない人の特徴にどのくらいあてはまる?

貯金ができない人や長続きしない人の特徴を挙げてみました。下記の項目に自分はどのくらいあてはまるのかをチェックしてみましょう。

・収入が低い(貯金に回せるお金がない)
・生活費と貯金を分けていない
・毎月余ったお金だけを貯金している
・衝動買いや細かな出費を気にしない
・毎月の収支を把握していない
・自分へのご褒美を毎日のように買っている
・一人暮らしだから貯金はできないと思っている

上記にあてはまる項目が多いほど、貯金ができていない、苦手であるという意識が高くなります。

また、自分はまだ貯金をする必要がないと思っている人も、貯金をする習慣がそもそもないという人も、お金が貯まりにくい傾向にあります。貯金ができる人は早いうちから貯金用の口座を用意して、そこへ計画的にお金を入れています。

まずは、貯金用の口座を作ったり、会社で利用できる財形貯蓄制度を調べたりして、スムーズに貯金ができる環境を用意することが大切です。

貯金できない人から、貯金できる人になるには?

貯金ができる人になるには、意識や習慣を変えることが大切です。せっかく貯金を始められても、途中でやめてしまったら元も子もありません。ここでは、貯金を長期的に継続していくための、5つのポイントをご紹介します。

1.貯金の目標を立てる

生活費から余ったお金を貯金に回そうとしたり、目標を立てずに取り組もうとしたりすると、貯金へのモチベーションが生まれず、挫折しやすくなります。そのため、いつまでにいくら貯めるという、具体的な目標を設定することが大切です。無理なく達成できる範囲で、目標額と達成までにかかる期間を設定しましょう。

また、「車を買いたい」「マイホーム資金にしたい」など、お金を貯める目的が明確にある場合は、購入する時期に向けて、毎月いくら貯金するべきかを計算すると、具体的な目標を立てやすくなります。

反対に、これといった目的や目標がない場合は、「毎月収入の2割を貯金する」など、収入に対して一定の割合を貯金に回すようにルール化するといいでしょう。

なお、貯金の目標額が高すぎると、途中で挫折する原因となるため注意が必要です。たとえ最初の数ヵ月は貯金できたとしても、無理な金額設定を続けると破綻しかねません。

その一方で、月に数千円など極端に目標額が低いと貯金の意義を感じにくく、モチベーションも下がってしまいます。適切な金額設定を、しっかりと検討しましょう。

2.毎月の収支を管理する

毎月の収入と支出を把握して、自分はいくら貯金に回せるのかを確認することも大切です。

特に支出については、毎月何に対してどれくらいのお金を使っているのかを把握できれば、無駄な出費を意識できるため、できるだけ細かく管理するといいでしょう。

家計管理には、家計簿アプリの活用が便利でおすすめです。中には、銀行口座やクレジットカードなどと連携して、自動的に支出を分類してくれるものもあるため、使いやすいものを探してみましょう。

3.生活費と貯金の口座を分ける

貯金する口座は、生活費と分けて管理することが望ましいです。生活費と貯金が同じ口座だと、つい貯金用のお金も崩して使ってしまい、なかなかお金が貯まらないという人も少なくないためです。

貯金用口座は、簡単に引き出せないように設定します。定期預金や貯蓄保険など、自動的に貯金ができて、なおかつ簡単には引き出せない制度を利用してもいいでしょう。

4.携帯料金など毎月の固定費を見直す

月々の支出を減らしたい場合は、携帯料金や水道光熱費、サブスクリプションサービスなどの固定費を見直してみることもおすすめです。これらは、プランや契約内容の変更によって料金を下げやすく、一度安くできれば、その後は毎月の支出を一定額減らせますので、浮いた金額を貯金に回せるようになります。

携帯電話料金の有料オプションで不要なものはないか、利用頻度の低いサブスクリプションサービスはないかなど、固定費に無駄な出費が隠れていないかを確認し、不要なものは解約したり、安いプランへ変更したりしましょう。

5.節約に役立つ情報を収集する

貯金に成功している人は、日頃から節約や貯金に役立つ情報の収集をしています。

節約や貯金につながるものとしては、各種ポイントカードやクレジットカードのポイントを家計の助けにする「ポイ活」のほか、各種サービスの早割などが挙げられます。 あれもこれもお得にしようとすると大変ですが、日常的に利用しやすいお得なサービスや制度は、積極的に活用しましょう。身近なお店やサービスにお得な情報がないか、一度チェックしてみてください。

ライフスタイルや生活習慣を見直して、貯金できない原因を知ろう

「貯金ができない人」の特徴には、ライフスタイルや生活習慣や意識を見直すことで改善できるものが多くあります。自分がなぜ貯金ができないのか、その原因を分析して対策を打ち、「貯金ができる人」を目指しましょう。

また、貯金を長続きさせるためにも、自動的に貯金ができる環境を作ることもおすすめです。具体的な貯金の目標を決めた上で、自動積立定期預金や積立保険などを活用して、長期的に貯金できるようにするといいでしょう。