「思いを行動に移せた」交通事故を目撃した自衛官2人、負傷者の救助と交通整理

©株式会社沖縄タイムス社

宮良政宏署長(右端)から感謝状を受け取った(左から)東盛慎也さん、鶴丸知子さん=11日、糸満市・糸満署

 沖縄県警糸満署(宮良政宏署長)は11日、交通事故現場で負傷者の救助と交通整理などに当たり、安全確保に貢献したとして、陸上自衛隊八重瀬分屯地の東盛慎也さん(33)、鶴丸知子さん(27)に感謝状を贈った。

 2人は第15高射特科連隊所属の3等陸曹。8月19日に公務で那覇駐屯地に向かっている際、糸満署近くの県道250号でバイクと乗用車がぶつかる交通人身事故を目撃した。運転手の容体を確認して通報した後、現場の交通整理と誘導をしながら、警察と救急の到着を待った。

 東盛さんは「負傷者が命に別条ないと聞いてホッとした。いざというときに行動できるよう今後も訓練に励みたい」。

 鶴丸さんは「人を守りたくて自衛官になった。日頃からの思いを行動に移せて良かった」と話した。