関西で「おせち商戦」始まる

近鉄百貨店本店、コロナ対策徹底

©一般社団法人共同通信社

店頭予約受け付けが始まった近鉄百貨店あべのハルカス本店のおせち=18日午前、大阪市

 近鉄百貨店は18日、大阪市のあべのハルカス本店で正月のおせちの店頭予約受け付けを始め、関西で商戦が本格スタートした。新型コロナウイルス対策で受付ブースに飛沫防止シートを設置したほか、インターネットによる注文を呼び掛けるなど感染防止策を徹底して苦境下の商戦を乗り切りたいとしている。

 定番のおせち以外に、近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」をかたどったケースのおせちなどを用意した。

 近鉄百貨店はコロナ禍による外出自粛で、家で食べるおせちの売り上げが増加すると予測している。広報担当者は「ネット限定の品も例年より増やしている」と話した。