漫才コンビ「シンデレラエキスプレス」の渡辺裕薫が歌手デビュー 新時代のコミックソングで暗い世の中を吹き飛ばす

©チャンネル銀河(株)

1989年「第19回 NHK上方漫才コンテスト」で優秀敢闘賞を受賞し、漫才を中心に舞台・テレビ・ラジオで活動、2018年に結成 30 周年を迎えた、松竹芸能所属のお笑い芸人『シンデレラエキスプレス』の渡辺裕薫( わたなべひろしげ )が、 かつてないコミックソングで歌手デビューを果たすことが決定した。

渡辺は日本アカデミー賞協会会員でもあり、年間250本の新作映画を映画館で鑑賞して、ラジオ番組などで映画解説を担当している。また、近年では怪談語りにも力を入れており、怪談の全国大会《怪談王》で2017年・ 2019年に優勝しており、テレビ・ラジオで最恐怪談を披露するなど漫才師以外としての顔も複数もち、今回、満を持しての歌手デビューとなる。

気になるでデビュー曲だが、A面収録の『とっぴんぱらりのぷう』は浪花最後と言われている演歌師、田浦高志が書きおろした新時代のコミックソングとなっており、暗い世の中を吹き飛ばすよう、渡辺がコミカルに歌い上げている。 B面の『包丁人生』は夢を叶えるため料理人が包丁に人生をかけた決意を歌っている。

コミックソングは俗謡が起源とされ、地域に根付いて伝えられる民謡とは反対に歌詞を変えながら地域を超え、技巧化されて流行していった。また、もとは世の中を風刺したまじめな歌が替え歌となって面白おかしい歌として流行するなど様々な広がり方をみせてきたと同時にその時代の空気感を色濃く反映したものでもある。最近ではピコ太郎がYouTubeでの動画をキッカケに世界的に話題になるなど現在もカタチや広がり方を変えながら確かに残り続けている。渡辺裕薫のデビュー曲発売日は2020年10月21日。このコミックソングが、いままさに元気が無くなりつつある世の中にどんな新風を巻き起こしてくれるのか、楽しみにしたい。

渡辺裕薫『とっぴんぱらりのぷう』

発売日:2020 年 10 月 21 日(水)
品番:FBCM-242
価格(税込):¥ 1,400
形態:マキシシングル
発売元:株式会社フリーボード
販売元:キングレコード株式会社
収録曲:
1. とっぴんぱらりのぷう <オリジナル・カラオケ付き>
作詞:田浦高志/ 作曲:田浦高志 / 編曲:道譯進太郎

2.包丁人生 <オリジナル・カラオケ付き>
作詞:春名祐富子/ 作曲:田浦高志 / 編曲:道譯進太郎

【ECサイトでの予約・発売】

https://kingeshop.jp/shop/g/gFBCM-242/

渡辺裕薫プロフィール

生年月日:1967年(昭和42年)11月3日
出身地:ニューヨーク
血液型:B型
趣味・特技:映画鑑賞・マラソン阪急ブレーブス・WWE
【受賞歴】
・1989年『第19回NHK新人漫才コンテスト優秀賞』
・1990年『第11回ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞』
・1993年『高田文夫杯お笑いゴールドラッシュ優勝』
・2009年『第44回上方漫才大賞奨励賞』
・2017年、2019年『怪談王優勝』(渡辺)