どうしてる? 奨学金の返済事情 「月2万円の支払いで貯金ができない」(20代女性 年収250万円)などの声

©株式会社グローバルウェイ

奨学金の返済がつらい

奨学金返済中の社会人は少なくないが、生活にどのような影響を与えるのだろうか。今回は首都圏に暮らす、奨学金を返済中の20~40代の投稿を紹介する。年収400万円の埼玉県の20代男性はキャリコネニュースに、

「奨学金の合計は約350万円、月々1万4400円ずつ返済しています。かなり低めの返済設定」

といい、生活に大きな影響はないという。(文:鹿賀大資)

「使えるお金が月20万円を切ると、自由に使えるお金が少なく正直厳しいです」

契約社員の20代女性(年収250万円)は、合計400万円の奨学金を借りており「月々2万円ずつの返済で貯蓄が難しい」という。

IT・通信系の40代男性(年収600万円)は300万円を借りており、月1万5000円の返済ペースだが、「ボーナスで補填する形のライフスタイルなので毎月カツカツ」とのことだ。月給自体は低いため、日々の支出を考えるとこの返済額でも苦しいという。

30代女性(年収550万円)は、有利子の奨学金制度を利用し、合計380万円を借りた。支払いは1万8000円ずつだが、口座には毎月3~4万円を入れている。また「ボーナス時は支給額の半分を返済に充てています」という。生活状況については、

「一人暮らしをしているので、使えるお金が月20万円を切ると、自由に使えるお金が少なく正直厳しいです」

とのことだ。繰り上げ返済をしたい気持ちはわからなくもないが、返済計画を見直してみるとよいかもしれない。

「奨学金の合計は400万円で毎月2万円ずつの返済」

一方、メーカー系の会社(年収550万円)の20代男性は「計画通りなので特に困っていません」という。合計360万円の奨学金を借りており、月々2万円ずつ返済している。

専業主婦の30代女性は「返済額について特に不満はありません」という。大学時代に4年間で合計283万円の奨学金を無利子の団体から借りたが、就職後には一括返済できる預金額に到達した。

その時点で完済もできたが「利子がないため繰上げ返済をせずに毎月定額で返しています」という。現在はその貯金から、毎月1万5000円ずつ支払っている。

ほかには、

「奨学金の合計は400万円で毎月2万円ずつの返済。奨学金制度は非常に効率のいい借金」(20代男性/金融・保険系/年収500万円)
「奨学金は合計450万円。月々3万の返済だが困っていない。当時の奨学金の利子は、今の住宅ローンの金利より安い。いま思うと、もっと借りておけばよかった」(30代女性/メーカー系/年収550万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】奨学金返済中の人」世帯年収300万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。