チャンスの時間 「◯◯だけはやめて」後輩芸人・ラランドからの忠告に千鳥が反省!

©株式会社ジェイプレス社

ABEMAが、レギュラー番組『チャンスの時間』#108を、9月16日(水)夜11時より配信した。

9月16日(水)の配信回では、「4時間生放送直前 千鳥大反省会SP」と題し、「危ないことばかり起きてる」と指摘するお笑いコンビ・ラランドが、番組内で起こった出来事や番組MCのお笑いコンビ・千鳥による問題発言などを振り返り、目前に控えた番組初の生特番『ABEMA 4周年&千鳥40歳 4時間生放送で愛の4倍返しスペシャル!』へ向け、“千鳥の下ネタ多すぎ問題”を解決するべく、過去の過激すぎる言動を徹底検証した。

番組では早速、本番組のヒット企画「愛王決定戦」での言動について振り返ることに。恋愛に悩む女性たちの相談に、愛に溢れた回答をしていく、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬とアルコ&ピースの平子祐希。そんな中、「気になる男性を振り向かせるには?」という悩みに対し、大悟が出したまさかの答えに一同は大爆笑。ノブは「センスのかけらもない」と一蹴するが、そんな大悟の回答に対するノブのツッコミもひどい有様で...。自身らの過去の発言に、いちいち弁解をする千鳥だが、ラランドの手によって次々と明かされる問題発言の数々に、千鳥の2人は思わず大爆笑。ラランドのボケ担当・サーヤから「◯◯だけはやめてほしい」と釘を刺されると、千鳥は「生放送では気をつけます」と、その忠告に耳を傾けた。

さらに、ノブと即興でコンビを組んで大悟を笑わせられるか競う企画「ノブmeets素人漫才」で、ノブがやらかした奇行や、大人気企画「女性の本音ラブソング」での自由すぎる発言などを、過去の爆笑シーンとともに振り返った一同。自身が過去に発した過激発言の数々に、大悟は「こんなのも放送してるんか!?」と、逆に驚き、ノブは「そうやな、これはスタッフもおかしいよ!」と同調した。そのほか、番組では、4時間生放送SPを目前に、これまでの名場面ならぬ“迷場面”を一挙大公開。過去回を振り返ったノブは、「本当に気をつけます。生放送という自覚を持ってやらないと。楽しもうと思っちゃってたな、この番組を」と反省を口にし、大悟も「そう。マジで酒飲んでないだけと思ってた。遊んでる感覚がちょっとありすぎたかも」と特番に向け、思いを新たにした。そんな千鳥がお送りする番組初の特別番組『ABEMA4周年&千鳥40歳 4時間生放送で愛の4倍返しスペシャル!』は、9月20日(日)夜9時より生放送する。

本配信の模様は、 「ABEMAビデオ」にて配信後7日間、無料で視聴可能。

■『ABEMA4周年&千鳥40歳 4時間生放送で愛の4倍返しスペシャル!』番組要項

放送日時9月20日(日)夜9時〜

※提供画像 (C)AbemaTV,Inc.