核ごみ調査に関心「ありがたい」

電事連会長、応募の動きに

©一般社団法人共同通信社

記者会見する電気事業連合会の池辺和弘会長=18日午後、東京都内

 大手電力会社でつくる電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は18日、東京都内で記者会見し、北海道寿都町と神恵内村で、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査に応募する動きが出ていることについて「関心を寄せてもらい大変ありがたいことだ」と述べた。

 池辺氏は、電気事業者として「情報をきちんと公開し説明することに尽きる。地域との対話活動を通じて関心や理解が深まるよう取り組みたい」と強調した。「核のごみの持ち込みは受け入れがたい」とする道条例については「議論することは止められていない」との見解を示した。