学校に1人1台のiPadを導入した自治体、「WindowsからiPadに鞍替え」の理由

©株式会社マイナビ

“小中学校に1人1台の情報端末を配備する”という「GIGAスクール構想」の準備が、全国の自治体で急ピッチで進められています。各自治体は、文部科学省が標準仕様と定める「Windows」「Chromebook」「iPad」の3種類から選ぶことになりますが、試験導入ではWindowsを用いていたのに正式導入ではiPadを採用する自治体が増えてきました。“鞍替え”の背景には、iPadならではの使いやすさや軽快な動作が教育現場でも認められたことがありました。

iPadの使いやすさとレスポンスのよさが認められた

IT先進国の印象が強い日本ですが、学校での情報端末の利用は世界各国と比べても遅れているといわれます。その状況を受け、「小中学校に1人1台の情報端末を配備する」と国が旗を振って推進しているのが「GIGAスクール構想」です。当初は2023年までの計画で進められていましたが、新型コロナウイルスの影響で学校が臨時休校になって授業時間が減ったことを受け、急きょ2020年度内の実施へと大幅に前倒しされました。

GIGAスクール構想では、児童生徒1人あたり45,000円が国から自治体に補助され、情報端末や通信環境の整備に用いられます。情報端末は、文部科学省が「Windows」「Chromebook」「iPad」を標準仕様と定め、自治体ごとにそれら3種類のなかから採用するものを自由に選択する仕組みとなっています。当初、一般への認知度やシェアが高いWindowsが優勢だとみられていましたが、直近ではiPadを採用する自治体が増えています。

その1つが大阪府枚方市。京都府に隣接する人口40万人の中核市で、大阪市と京都市の中間にある交通の便のよさから、ベッドタウンとして人気を集めています。

枚方市教育委員会は、これまで深い学びや学力向上の取り組みを重点的に進めてきましたが、「子どもを誰ひとり学習で取り残さない」新しい教育のスタイルを確立するため、IT機器を用いたICT教育の導入検討をいち早く進めてきたといいます。この方針を受けて「1人1台のタブレット」を早期に目指すべく、タブレット端末を一部の学校に試験的に導入することを決定しました。

1年前、ある中学校の3年生全員にWindowsタブレットを試験的に導入し、それと並行して別の中学校にはiPadを試験的に導入。どちらの機種のほうが使いやすいか、機能面はどうか、通信環境はWi-FiかLTEのどちらがよいか、といった点を中心に検証を進めてきました。

検討の結果、iPadを導入することを決定。小学校・中学校合わせて31,000人ぐらいの児童生徒が在籍するなか、予備の機材を含めて32,000台ものiPadを大量導入することを決めました。アクセサリーは、ロジクールのカバー兼キーボードを導入しましたが、Apple Pencilの導入は見送られました。

iPad導入の決め手は、「率直に使いやすさ」だといいます。「試験導入してみて、iPadは子どもだけでなく教師にとっても直感的かつ簡単に扱え、さらに自由度の高さや表現のしやすさも備えていると感じた」と評価します。

Windowsを選ばなかった理由については、「大きな問題があったわけではなく、あくまでタッチの差というか感覚的な差ではあるが、iPadのほうが操作のレスポンスが優れていた。iPadのタップ操作やWindowsのダブルクリックの感覚など、大人ならばこんなものかと納得できるのに対し、子どもはちょっとしたレスポンスの悪さが我慢できない」といいます。

導入したのは、第7世代iPadのLTEモデル。LTEモデルにしたのは、体育の授業など校外での利用を見込んでいることと、いつでも安定した通信ができること。Wi-Fiは、正常に通信できなくなるトラブルが起こりやすいのに対し、携帯電話回線はそのようなトラブルが基本的にないことを評価したといいます。

授業でのiPadの活用はさまざま。キーノートやiMovie、Pagesなどを用い、課題を発表する際に利用することもあるそう。発表時にはApple TVを用い、教室のテレビやプロジェクターに映し出しています。体育の授業では、幅跳びの姿を撮影してスローモーションで再生し、フォームをみんなで確認するのにも活用していました。ちなみに、すべての授業でiPadの利用を必須としているわけではなく、iPadのメリットが活躍する場面で用いているとのことです。

コロナウイルスの影響でオンライン学習の重要性が高まっていることもあり、導入したiPadは持ち帰っての利用も認めています。ただし、MDM(モバイルデバイス管理ツール)で指定したアプリ以外は導入できなくしており、ゲームは遊べないようになっています。

導入のお手本は熊本市などの先駆者、今後は枚方市も手本になりたい

タブレットの導入検討を進めていた際、枚方市教育委員会の担当者がお手本としたのが、いち早くiPadを学校に導入して実績を上げていた熊本市や近畿大学附属高等学校・中学校です。熊本市は、2万台を超えるiPadを公立の小中学校に導入することを2018年にいち早く決定し、大きな話題となりました。実際に視察に訪れたほか、月に1度の情報交換の場を設けて検討を進めたといいます。

担当者は「iPadを導入している学校は私立がほとんどで、公立の学校はまだまだ少ない。しかし、いざ導入してみると、本当に何でもできるな、無限の可能性を秘めているなと感じた。学校側や先生があれこれ決めるのではなく、子どものやってみたいを後押しできる存在だと感じる。今回、枚方市は公立の小中学校に3万台規模のiPadを導入することになったが、ほかの自治体の参考になればうれしい」と語ります。

地域性を生かした学習にiPadを活用する鎌倉市

古都鎌倉として全国的に知名度の高い神奈川県鎌倉市も、今年度中に1人1台のiPadの導入を決めた自治体です。トータルの導入台数は12,000台にのぼります。

鎌倉市はICT教育の推進を早くから進めており、数年前にはWindowsタブレットを市内の小学校に導入していました。ただ、起動に時間がかかったり、アプリの導入に手間がかかるなどの不満が教育委員会に寄せられており、2016年の機材更新のタイミングで機種の検討をすることになったそう。

当時は「教育現場で使うならWindowsしか考えられない」という雰囲気があったものの、使いやすさや創造性を支援するアプリが豊富にそろっていることなどを評価し、iPadへのリプレイスを決定。市内の小中学校に各40台のiPadを試験的に導入することになりました。

導入したのは第7世代iPadのセルラーモデル。鎌倉には多くの神社仏閣があるだけでなく豊かな自然もあり、地域性を生かした校外学習をする際にiPadを持って行って使えるメリットを評価したからです。さらに、セルラーモデルはGPSも搭載しており、生徒が外に出たときの安全確認ができることや、万が一紛失した際に位置情報を把握して取り戻せる可能性が高まるメリットも見込んで決定したそうです。

現時点では、家庭へのiPadの持ち帰りは認めておらず、あくまで学校内での活用にとどめているそう。しかし、将来的には家庭でも使えるようにしたいと考え、学校側と運用の方法を検討しているといいます。

授業の一環で、簡単にビデオクリップが作成できるアップル純正アプリ「Clips」を用いて自己紹介ビデオを作成する課題を実施した時のこと。ほとんどの子どもが初めてClipsを触ったのにもかかわらず、誰もがスイスイ使いこなして45分の授業時間で見事に仕上げたそう。「Windowsではこうはいかない」と驚いたといいます。

Clips以外にも、iPadの内蔵カメラを利用した活用を多く進めています。iMovieを用いた本格的な動画編集にも取り組んでおり、鎌倉市の魅力をまとめた動画を作成して発信したり、映画の制作に挑戦するクラスもあるそう。さらに、手先の細かい動きをとらえるために、スローモーション動画も活用しているといいます。

導入を決定した12,000台のiPadは今年度中に各校に配布する予定で、試験的に導入していたiPadは教職員用としてスライドさせるそう。担当者は「すべての子どもが同じ端末を使っている、というのは大きなメリット。他者との共同的な学びにおいてもiPadは活躍してくれると感じている」と期待を寄せていました。

第8世代iPadはWindowsやChromebookを脅かす存在に

iPadを選ぶ自治体が増えつつあるGIGAスクール構想ですが、先日開かれたアップルのイベントでお目見えした第8世代iPadの登場で、iPadへのシフトがさらに大きく進みそうです。

第8世代iPadは、Neural Engineを搭載したA12 Bionicチップを新たに採用しており、これまでのiPadでは対応できなかった機械学習を利用した高度な処理が可能になります。例えば、AR(拡張現実)で表示した物体の前や背後に人間を違和感なく表示したり、複雑な動きを捉えるモーショントラッキングに対応したり、手書き文字を正確かつ素早く認識したり、動画や写真の編集で不要な部分をワンタッチで自然に切り抜いたり…と、その恩恵はさまざま。WindowsやChromebookでは得られない体験だけにiPadの優位性が大きく高まり、iPadの導入を検討する自治体が増えることになりそうです。

高性能化を図りつつ価格は第7世代iPadから据え置かれたことから、GIGAスクールの対応製品が第8世代iPadに置き換わるのは間違いありません。これから全国の学校に続々とやってくるiPadがどのような新しい学びや体験をもたらすか、ぜひ注目したいと思います。