金属を強固にくっつける新技術

核融合研と東邦金属が発表

©一般社団法人共同通信社

新技術で作製したサンプル。銀色の部分がタングステン、赤みがかっているのが銅=18日、大阪市

 核融合科学研究所(岐阜県土岐市)と東邦金属(大阪市)は18日、2種類の金属を強固にくっつける新技術を開発したと発表した。例えば、溶けにくいタングステンと熱を逃がしやすい銅を接合し、大きな電流が流れて熱が発生する送電設備や電気自動車に使うなど、多機能で丈夫な部品作りに役立ちそうだ。

 この技術は2種類の金属を合わせ、強い力で押しながら大きな電流を流すというもの。従来は間に別の金属を挟み、一度溶かすことで接着していたが、挟んだ金属との間に隙間ができ、強度が下がってしまうという課題があった。

 新手法は金属と金属の間の隙間ができず、強度が従来の1.5倍に向上した。