国助成で拡幅目指す 7月豪雨で決壊の大村・佐奈河内川

©株式会社長崎新聞社

佐奈河内川の護岸が決壊し、石と土砂に覆われた田んぼ=7月7日、大村市今富町

 7月豪雨で護岸が決壊した長崎県大村市の佐奈河内川の改修について、県は原形復旧ではなく拡幅による改良工事を進める考えを明らかにした。国の河川災害復旧助成事業に申請し、年度内に採択された場合、2023年度の完成を目指す。
 県議会一般質問で、北村貴寿議員(自民)に奥田秀樹土木部長が答えた。
 県によると、郡川合流部から今富橋までの370メートル区間は県の河川整備計画区間で拡幅による改良工事を進める。今富橋よりも上流の約2400メートル区間は国の河川災害復旧助成事業に申請する準備を進めているという。
 豪雨で護岸が決壊した佐奈河内川と郡川流域は、水田への土砂流入や畑への浸水、ビニールハウスの倒壊など被害が広範囲に及んでいる。郡川の復旧工事は被災した護岸が河川整備計画で拡幅予定ではないため原形復旧となる。
 奥田土木部長は「今月にも国との整備計画協議に着手し、本年度内の事業採択を目指す」と述べた。