政府、観客の入場制限を大幅緩和

スポーツや映画、運用に差

©一般社団法人共同通信社

主なイベント事例ごとの人数緩和の前提

 政府は19日、新型コロナウイルス対策で要請しているスポーツやイベントの入場制限を大幅緩和した。実際の運用方針は事業者によって差があるが、5千人の上限があったプロ野球やサッカーJリーグは収容人数の50%まで容認。映画や演劇などは小規模で大声を出さず、感染リスクが低いものは満員も可能となる。

 プロ野球は19日に東京・神宮球場で行われるヤクルト―広島が1万4500人、横浜スタジアムでのDeNA―巨人は1万6千人と、上限を約3倍に引き上げる。

 Jリーグは19日に愛知・豊田スタジアムで行う名古屋―神戸を1万2500人に拡大する。