新型コロナの人工抗体作製

検査や治療に期待、名大

©一般社団法人共同通信社

 新型コロナウイルスに強く結合するタンパク質の「人工抗体」を作ったと、名古屋大と国立病院機構名古屋医療センターのチームが18日付の米科学誌に発表した。人工抗体がくっついた新型コロナウイルスは細胞に感染しなくなることも確認。抗原検査や治療薬への応用が期待される。

 10兆種類にも及ぶ人工抗体の候補の中から、ウイルスにくっつくものを短期間に選び出す手法を利用。名古屋大の村上裕教授(生物化学)は「この人工抗体を使えば正確な検査キットを作れる。今後のパンデミックに備え、まずはできるだけ早くキットを実用化したい」と話した。