ミラクルひかる&ファーストサマーウイカがピンク・レディーに挑戦!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で9月19日放送の土曜プレミアム「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(午後9:00)では、ものまね女王・ミラクルひかると、昨年の「ものまね王座決定戦」のファイナリストであるファーストサマーウイカが最強タッグを結成。ピンク・レディーに挑戦する。

ものまねが得意な芸能人が、紅白に分かれて珠玉のネタで競い合う同番組。芸能人のほかにも、全国からオーディションで選ばれたプロ・アマ・一般の精鋭たちが集結し、この番組でしか見られない豪華コラボレーションにも注目が集まる。司会は、今田耕司と東野幸治。また、審査員として、片岡鶴太郎、八乙女光(Hey! Say! JUMP)、小川菜摘、堀田茜、生見愛瑠が出演する。

ミラクルは「私の体重から8kg差し引いて、少し薄目で見ていただけると、動きも含め、ミイさんそっくりに見えるはずです。歌については、自分でも陶酔してしまうくらい、そっくりに歌い込んでいますので、ぜひ注目してほしいです」とアピール。

新型コロナウイルスの影響で、距離感を保った形でのものまねとなったが、振り付けについては「“ソーシャル・ディスタンス・ピンク・レディー”です。マイクでも何でもない空間にグーの手が伸びているという謎の振り付け。もしかしたら、それこそが今回一番の見せ場かもしれません(笑)」とコロナ禍ならではの工夫が凝らしてあるという。

一方、ウイカは「憧れのミラクルさんとご一緒できただけで、自分の人生の中で大きな自慢の一つになりました。正直、ミラクルさんと共演させていただくなんてまだ早いかもしれませんが、共演にあたって私なりに練習を重ね、努力しましたので楽しみにしていただけたらと思います」と予告している。