空の便、緩やかに回復

4連休初日、鉄道利用も

©一般社団法人共同通信社

4連休の初日、混雑する羽田空港国内線の出発ロビー=19日午前

 4連休の初日となる19日、羽田空港では地方に向かう家族連れの旅行客の姿が多くみられた。全日空によると、4連休の国内線予約数は1日平均6万9千人。19日は8万7千人で2月28日以来の水準となった。日航も19日の予約数が約8万人に上った。新幹線など鉄道も好転の兆しが見え、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ需要は緩やかな回復傾向にある。

 羽田空港第2ターミナルの保安検査場前には19日朝から、長蛇の列ができていた。「最後尾」と書かれたプラカードを持つ地上スタッフの姿も。沖縄県に家族で旅行する30代女性は「感染症対策をしっかりして楽しみたい」と話した。