議論もダービーも白熱の展開 大村「SG」開催PR

©株式会社長崎新聞社

SGボートレースダービーをPR

 18日の定例大村市議会最終本会議で、議員と市幹部全員が、大村ボートレース場で10月20日に開幕する「SGボートレースダービー」のロゴが入ったポロシャツとマスクを着用し、開催をPRした。
 ボートレースダービーはSG(スペシャルグレード)の中で最も古く格式があるレース。同市でSGが開催されるのは2年連続で、昨年は約132億円の売り上げがあった。
 新型コロナウイルス感染症の対策でレース場への入場は事前抽選となるが、レースはインターネット中継で観戦できる。担当者は「議会での議論と同じくらい白熱したレース展開にご期待を」とPR。