【大学野球】ドラフト候補の最速155キロ右腕、日体大・森 9球団の前で気迫の雄叫び投球

©株式会社Creative2

試合後に取材に応じた日体大・森博人【写真:編集部】

秋の首都大学リーグが開幕、7回1安打無失点で4-0で武蔵大に勝利

秋の首都大学野球リーグが19日、東京・大田スタジアムで開幕し、ドラフト上位候補の最速155キロ右腕の日体大・森博人投手が武蔵大戦で先発。プロのスカウト9球団が熱視線を送る中、7回1安打無失点と粘りの投球を見せ、初戦をとった。

森はゆったりと足を上げるフォームから150キロに近い直球と緩い変化球など、緩急を織り混ぜる投球で武蔵大打線を抑えて行った。力強い直球で相手打者のバットをへし折る場面も見られた。

味方打線に初回に1点をもらうと、テンポよく投球を続けた。しかし、6回まで順調だったが、迎えた7回。3つの四死球で無死満塁のピンチを招いた。だが、味方の内野手の好守備に助けられ、この回を無失点で切り抜けた。ガッツポーズと雄叫びを上げて、ベンチに引き上げた。すると打線は8回に3点を加え、試合を決めた。

ネット裏には巨人やDeNA、日本ハムなど9球団のスカウトがチェック。森だけではなく、第1試合の東海大・小郷やプロ志望届を提出した桜美林大の根岸らの視察もあるが、森のもとにはオープン戦などから事前に12球団が興味を示すほどの注目が集まっている。日体大からは昨年はヤクルト2位の吉田大喜、一昨年は西武1位・松本、ロッテ2位の東妻など、投手が上位指名されており、今年の森も上位候補として名前が挙がっている。(Full-Count編集部)