法大と早大勝つ、東京六大学野球

秋季リーグ開幕、神宮球場

©一般社団法人共同通信社

神宮球場

 東京六大学野球秋季リーグは19日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、2連覇を狙う法大が東大を4―2で下し、早大は明大に7―1で快勝し、ともにポイントを1とした。2回戦総当たりの今季は2戦先勝の勝ち点制ではなく、勝ち1、引き分け0.5、負け0のポイント制を採用。合計ポイントで順位を決める。

 法大は三回に2二塁打などで2点を先行し、五、八回にも加点。鈴木が八回途中まで3安打2失点(自責点1)にまとめた。早大は一回2死無走者から2点を先制し、五回にも集中打で4点を加えた。エースの早川が2安打、17三振で1失点完投した。