もうメロメロ!…カッコ良すぎて震える「世界の男前」厳選6人

©マガジンハウス

写真・文 松永学

ダミアン 21歳 医学部学生



-ダミアンはこれからブラスバンドの練習を仲間とするので早めに取材してくださいと。

僕は医学部の学生です、将来は脳外科の医者になりたいと思っています。今日は学校内のクラブでセーヌ川に音合わせにやってきました。メンバーは10人ぐらいでしょうか? 実は楽器をやり始めてまだ一年足らずなんですよ。でも音楽は大好きで日本人のアーティスト『Nujabes』は残念ながら亡くなってしまいましたが今でもよく聴いています。

いつかは日本にも行ってみたいです。ウナギが大好きなんです。そういえば最近このセーヌ川でもウナギがいると聞いています。養殖できてパリの名産になればいいですね(笑)。

女優エマ・ストーンはタイプです。映画『ラ・ラ・ランド』の音楽もとても良かったです。

ティモテ 21歳 建築科学生



-友達と寛ぐティモテはスポーツマンでした。

スケートボードは4年前から、それからラグビーも仲間とチームを組んで、時々やっています。ラグビーはチームとの連携が大切なので、建築の仕事にも活用できると思います。尊敬する日本の建築、Tadao Andoも昔はボクサーだったという話は有名ですね。

昨年の夏には待望の日本に2週間友達と一緒に行きました。東京、大阪、京都、金沢と周りましたが特に金沢が印象に残っています。まだまだ行きたいところがあるのでもう一度訪れてみたいと思っています。

パリではトロカデロの風景、建築とエッフェル塔がマッチしていて素晴らしいです。スケートボードをやっているのでパレ・ド・トーキョーにもよく行きます。女性は一緒にいて楽しくて面白い人! 女優ではエマ・ストーンが一番のお気に入りです。

エマニュエル 21歳 建築科学生



-ティモテといつも一緒のエマニュエルは建築の情熱もあふれ出ていました。

僕は南仏のニースから建築の勉強のためにパリに出てきました。すぐにティモテと友達になり一緒に日本にも行きました。日本のお寺回りは貴重な体験でした。これからの建築の未来に欠かせない木工技術がとても参考になりました。これからの建築はエコロジーを中心に素材も考慮する時代になっていくと思います。

過去の街づくりの遺産も尊敬しています。特にオスマン様式時代のオペラ座中心の界隈、それと、フランソワーズミッテラン国立図書館を中心とした再開発地域も、整った街に仕上げていくのはパリの良さでもありますね。

僕もスケートボードをやっていますが、小さい頃から南アルプスに毎冬行っているのでスノーボードが得意です。最近は、真っ白いキャンバスに自由にスノーボードでデッサンしている感覚になっています。実家南仏からはアルプスは近いので家族と毎年通っています。

理想な女性はスポーツが一緒にできる人が良いです。でも僕は音楽バンドでドラムも担当しているので、歌がうまい女性もいいかなと思っています。カナダ人歌手のセリーヌ・ディオンの歌声は素晴らしいと思います。

ファド 25歳 ウェブデベロッパー



-セーヌ川辺りの柳の下で涼んでいたファドは日本が大好き。

今はフリーランスでインターネットや電話のアプリケーションの開発をやっています。そのうち仲間と一緒に会社を作って展開していこうと頑張っているところです。両親はモロッコからの移民で僕はパリ生まれでフランス人です。尊敬するスティーブ・ジョブスも移民の血が流れている、僕のスーパースターなんです。

日本に行ったことはないのですが、『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』といった長編漫画の大ファンで、今でも連載が続いていて欠かせない僕の趣味の領域ですよ。

いつもはこもって仕事をしているので、天気が良い日はセーヌ川沿いにピクニックしにやってきます。女性は背丈が大きくもなく小さくもなく、僕とバランスが取れる人でエスプリがあるかわいいい子を募集中です。

音楽も大好きで、セネガル移民のパリ生まれのラッパーBoobaって知っていますか? ぜひ日本の方にも聴いてほしいです。

アニー 24歳 内装工事技術者



-ちょっとシャイなアニーは写真嫌い、サングラスのままならいいよって答えてくれました。

僕の仕事は家の内装、特に水道周りの仕事をやっていますが、新型コロナウイルスのため、ロックダウン中はほとんどの仕事が3か月間もキャンセルになってしまいました。パリには老人のひとり暮らしも多く、そこで工事となると感染の可能性が大きくなるので、僕の会社自体も機能しなくなりました。

幸いフランスは社会保障が手厚い国なので通常通り給料は発生していました。最近は最大の注意を払って感染しないよう、させないよう、衛生的な面とお客さんとの距離を踏まえて仕事も再開しています。

パリは水のある風景が大好きで、今日はセーヌ川に来ましたが、いつもはサンマルタン運河で寛ぐことが多いですね。最近はパリの河川はきれいになりました。透明度が増して魚が泳いでいるのもこの目で見ることができますね。ゴミも少なくなってきましたよ。

理想の女性? には答えられないですが、大好きなセレブリティはたくさんいます。ビヨンセ、シャキラ、ジェニファー・ロペス。それにアンジェリーナ・ジョリー。みんなカリスマ性があって大好きですよ。

アレクサンドル 20歳 デザイン学生



-ひとりでパリの風景をデッサン中のアレクサンドルの自慢は足が速いこと。

僕はパリからそんな遠くないですが80km北上したコンピエーニュ出身です。大きな森と歴史的にも有名なお城があるところです。オワーズ川といってベルギーとフランス北部を流れるきれいな河川で育ちました。なので、水辺は安心して過ごせる大好きな場所です。パリでも、時にはひとりで水辺に何時間も過ごしています。コンピエーニュの仲間とはラグビーをやっていますが。僕は小柄なので人とはあまり接触しない、隙をぬっての走り屋なんです。

日本にはまだ行ったことがないのですが、山や河川も多いとテレビ番組で見たことがあって、いつかはデッサン帳を持って旅したいと思っています。理想の女性像は特にありません。その人しか持ち合わせていない個性がある、それを自分が見つけることができて、尊重し合える人なら最高ですね。ナタリー・ポートマンの出る映画は全て観ているほど、個性的で大好きな女優です。