FC琉球がホーム戦2連勝 通算成績18位浮上

©株式会社沖縄タイムス社

 サッカー明治安田生命J2第20節第1日は19日、各地で9試合が行われた。19位のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで14位の水戸ホーリーホックと対戦し、交代出場したFW上原慎也の2得点を挙げる活躍で3―2と逆転勝利を収めた。通算成績は5勝5分け10敗で18位に浮上。9日の大宮アルディージャ戦に続いてホーム戦2連勝を飾った。

 琉球は前半37分、MF上里一将が鋭い縦パスを中央に通すとMF小泉佳穂がトラップで前を向き、右足で先制ゴールを突き刺した。だが後半12分、右サイドから切り込まれて失点。同30分には右サイドからのアーリークロスがそのままゴールに吸い込まれ、1―2と逆転を許した。

 ホームでの連勝を諦めない琉球は同42分、交代出場した上原慎也が左足で同点にすると、ロスタイムにはFW阿部拓馬のパスから再び上原が決勝点を挙げた。スタジアムには1267人が詰め掛け、セットプレーなどチャンスの際は手拍子で選手を後押しした。
 次節は23日、長野県松本市のサンプロアルウィンで19位の松本山雅FCと対戦する。