「十五夜」の月見団子、何個が正解? お供えした団子は食べてもいい?

©株式会社オールアバウト

十五夜・中秋の名月には月見団子が欠かせませんが、なぜだんごを供えるのでしょう? お月見団子の由来・意味、形、数、並べ方・積み方、お供えの仕方など、月見団子について解説します!

月見団子とは? 十五夜のお月見でお供えするのはなぜ?

月見団子とは、旧暦8月15日の十五夜(中秋の名月)や旧暦9月13日の十三夜のときに、月に供えるお団子です。

月見団子を“食べる”方は多いのですが、せっかくですから、ぜひ“お供え”してくださいね。月見団子を供えることで、お月様に感謝の気持ちや祈りを伝え、供えたものを食べることで、それらを身につけることにつながります。

月見団子の形、丸だけではなく里芋のような形も

月見団子が丸いのは、満ち欠けをする月が満ちる姿を模しているからで、豊作祈願や収穫祝いに加え、ものごとの結実、健康や幸福をあらわしています。

十五夜では、十五にちなんで一寸五分(約4.5cm)の大きさの丸いだんごを作ると縁起が良いとされていました。ただし、丸とはいえ、ピンポン玉のような真ん丸は死者の枕元に供える「枕だんご」に通じるので、ほんの少しつぶすとよいといわれています。

関西では、里芋のような形をしており、周りにあんこを付けたものが多いです。これは芋名月の里芋に見立てており、あんこが里芋料理の「衣かつぎ」の皮や、月にかかった雲を表しているといわれています。

同じ里芋のような形でも、愛知では白・茶・ピンクなどの色がついており、あんこはついていないそう。おもしろいですね。

また、沖縄では餅に塩味の小豆をまぶした「ふちゃぎ」を食べるなど、多彩です。

月見団子の数と並べ方・積み方

十五夜には、十五にちなんで15個お供えします。また、1年の満月の数にあわせて12個(閏年には13個)、15を簡略して5個にする場合もあります。十三夜には、13個または3個です。

■15個の場合

1段目に9個(3×3)、2段目に4個(2×2)、3段目に2個を盛ります。3段目の2個は、神事では正面からみて縦に2個並べます。横に2個並べると仏事になります。

■13個の場合

1段目に9個(3×3)、2段目に4個(2×2)並べます。

■12個の場合

1段目に9個(3×3)、2段目に3個並べます。

■5個の場合

1段目に4個(2×2)、2段目に1個です。

月見団子をお供えする器……三方を用いるのが正式スタイル

本来は「三方(さんぽう)」に白い紙を敷いてお供えします。三方は折敷に台がついたお供え用の器で、神事では白木でできた三方を用います。仏事では塗りのものが用いられ、「三宝」と表す場合が多いです。三方は3方向に穴があいていますが、穴が無いほうが神様側(お月見の場合はお月様側)になります。ただ、三方がある家庭は少ないので、お盆やお皿にお供えすればOKです。

白い紙は、奉書紙、半紙、てんぷらの敷紙などを使いましょう。紙の敷き方には、長方形の紙を四辺または二辺に垂らす方法、正方形の紙を対角に敷いて端を垂らす方法、正方形に合わせる方法などがあります。

月見団子を飾る(供える)場所

月見団子は、お月様から見えるところか床の間にお供えします。マンションなどでは、月が出ている方の窓辺に供えればOK。

また、日本古来の考え方は左上位のため、ほかのものと一緒に並べるときは、お月様からみて左側に自然界のもの(ススキや野菜)、右側に人工のもの(月見団子)を供えたほうが良いとされています。

こうして供えた月見団子は、必ず食べてくださいね!

※初回公開2012年09月06日の内容に最新情報を盛り込み、一部改稿したものです

(文:三浦 康子(暮らしの歳時記ガイド))