ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

©新華社

ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

 17日、貴州省の地元の手工芸品を手に取って見つめる来場者。(貴陽=新華社配信)

 【新華社貴陽9月20日】中国貴州省貴陽市で17日、2020年東南アジア諸国連合(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイークが開幕した。新型コロナウイルス感染症対策が常態化していることから、39カ国・地域の560社余りの企業がオンラインとオフラインを組み合わせた形式で出展した。

 今年は中国-東南アジア諸国連合(ASEAN)のデジタル経済協力年に当たり、同市が「一帯一路」文化観光交流ウイークを連続的に開催して3年目の年ともなる。同イベントは貴陽市とASEAN諸国間の協力関係を深め、「デジタルシルクロード」文化観光におけるウィンウィンの協力プラットフォームを構築することを目的としている。(記者/向定傑)

ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

 17日、観光プロモーションを行うタイ国政府観光庁の代表者。(貴陽=新華社配信)

ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

 17日、文化観光交流ウイーク開幕式であいさつする中国-ASEANセンターの陳徳海(ちん・とくかい)秘書長。(貴陽=新華社配信)

ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

 17日、観光プロモーションに先立って行われたミャオ族の歌と踊りのパフォーマンス。(貴陽=新華社配信)

ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

 17日、貴州省に暮らす少数民族の衣装ファッションショーを楽しむゲストたち。(貴陽=新華社配信)

ASEAN(貴陽)「一帯一路」文化観光交流ウイーク開幕

 17日、貴州省の多彩な民俗衣装を披露するモデル。(貴陽=新華社配信)