三重で新たに1人新型ウイルス感染、伊勢の50代男性が重症

©株式会社伊勢新聞社

 三重県は19日、伊勢市内に住む50代の無職男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。意識はあるが、肺炎で重症という。感染経路は分かっていない。県内の現時点での重症者は4人、感染者は延べ470人となった。

 県によると、男性は14日から息苦しさがあり、17日に医療機関で画像診断を受けたところ、肺炎の症状が認められた。同日に受けた検査から陽性と判明。入院先の医療機関で酸素投与を受けている。

 感染経路について、県は来県者との交流がなかったかどうかを調べている。男性が受診した複数の医療機関で勤務する医師や看護師ら26人を接触者として特定し、検査する方針。