矢口真里ネタに呆れ声! 元夫・中村昌也に「いつまで言ってるんだ」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ

俳優の中村昌也が、9月16日深夜に放送された『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ系)にゲスト出演。元妻でタレント・矢口真里との結婚生活を振り返ったのだが、視聴者からは冷ややかな声が続出している。

中村と矢口は2011年5月に結婚し、約2年間の結婚生活を送るも13年に離婚。理由は、言わずと知れた矢口の〝クローゼット不倫〟で、当時中村には同情の声が多数寄せられていた。

今回、中村は離婚経験のある女優の多岐川華子とともに、『関ジャニ∞』メンバーに結婚や離婚のいろはを伝授。夫婦として冷え切っていた期間は「3カ月くらい」だと告白する中村は、矢口との〝仮面夫婦〟期間について振り返った。

芸能人にとって離婚するタイミングには、CM契約や番組放送予定日など、さまざまなしがらみがある。中村は、別居用の部屋を不動産に探しに行った際、不動産屋から「あれ? 仕事部屋ですか?」と反応されるも、口が堅い友人の手を借りて自力で引っ越しを遂行。その後、離婚発表するまでの3カ月を回顧し、「(バレないように)笑顔で過ごすっていう… しんどいですよ。顔色がおかしかったですもん」と笑いながら語った。

中村昌也に対して「矢口さまさまですね」

「矢口との離婚から約7年、矢口は当時の不倫相手と結婚し、今や1児の母として奮闘しています。一方、中村も今年5月、グラビアアイドルの森崎智美との〝巣ごもり〟半同棲生活が報じられていました」(芸能ライター)

お互い、すでに新たな道を歩んでいることから、ネット上では

《いつまで矢口との離婚ネタ言うつもりなんだろ… 何年も経ってるのに》
《この人かなりしつこくて怖い。 矢口真里が全部悪いし、彼女もTVに出れずに罰を受けたんだから、もうネタにしなくていいんじゃないかな?》
《矢口再婚してるのにいつまで言ってるんだ、こんなヤツ今まで見たこと無い》
《矢口ネタしかない 矢口さまさまです》
《まだ元嫁ネタで金稼いでるの?》
《今だに矢口ネタにすんのは格好悪いけど、周りから求められてんのかな》

などと、辛辣なツッコミをいれる声が多くあがっている。

中村の代表作が〝矢口の元夫〟になってしまわぬよう、今後とも活動の幅を広げていってほしいものだ。