丸山監督「目標は優勝」 バレーボールV1女子・アクア激励壮行会

©株式会社北日本新聞社

新シーズンに向け意気込むアクアの選手ら=黒部市総合体育センター

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子のKUROBEアクアフェアリーズは20日、黒部市総合体育センターで激励壮行会を開いた。リーグ開幕に向けた記者会見もあり、丸山貴也監督は「目標は優勝。高いハードルだが、力を結集させて戦いたい」と意気込みを語った。

 会見には井上孝会長と選手14人も出席。井上会長は「必達目標」として▽ファイナル8進出▽ホーム戦の勝率5割▽個人成績で上位に入るスターをつくる-の三つを挙げた。

 チームは昨季、レギュラーシーズン1勝20敗で、プレーオフの末にV1残留を決めた。丸山紗季主将は「昨シーズンは悔しい思いをした。今季は一人一人レベルアップしているので、必ず結果で恩返ししたい」と語った。

 激励壮行会では選手が2チームに分かれて試合を行う「青白戦」があり、観客約300人の前で順調な仕上がりを見せた。ミュージシャンの高原兄さんが作詞作曲し、歌手のTomomiさんが歌うアクアの新応援歌も披露された。

「目標は優勝」と意気込みを語る丸山監督
新しい応援歌を披露するTomomiさん(中央)
「青白戦」で熱戦を繰り広げる選手たち
チアリーディングチーム「パピーズ」のパフォーマンスもあった