トレードマークのかぶと姿「れきしクン」水戸でウェブサイン会 書籍発売、おまけは水戸城の御城印

動画は10月1日公開

©株式会社茨城新聞社

トレードマークのかぶとをかぶり、ウェブサイン会を行った長谷川ヨシテルさん=水戸市宮町の川又書店水戸エクセル店

新型コロナウイルスの影響でイベントやサイン会が自粛される中、ブックエース(水戸市)と柏書房(東京都)は18日、新刊「ドタバタ関ヶ原」の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさん(33)を招いて、水戸市宮町の川又書店エクセル店でウェブサイン会を開催し、動画の収録を行った。10月1日午後8時に公開される。

長谷川さんは埼玉県出身。「れきしクン」としてテレビでもなじみ深い歴史ナビゲーター。20歳から城巡りを始め、これまでに全国約400のお城を訪ね歩いている。

この日、長谷川さんはトレードマークのかぶと姿で登場。同店内で、柏書房から出版された「ヘンテコ城めぐり」「ドタバタ関ヶ原」にイラストと名前をサインした。長谷川さんは「直接会いたいが、今は最善の策。書籍を参考に、感染防止をしながら城を訪ねてほしい」と話した。

サイン入りの書籍は、来月2日同店で発売される。動画配信に合わせ、1日からはブックエースオンラインショップでも発売される。書籍を購入した人には、長谷川さん監修の「水戸城」の御城印がおまけで付いてくる。

18日午後、水戸城大手門(同市三の丸)や弘道館(同)も収録された。動画はユーチューブチャンネル「それいけ!れきしクンTV」で公開される。書籍の問い合わせはブックエース(電)029(305)6200