【新型コロナ詳報】千葉県内で35人感染 千葉市の工事現場でクラスター、接触の121人検査

©株式会社千葉日報社

千葉日報社

 千葉県内で20日、新たに35人の新型コロナウイルス感染が判明した。千葉市では建設工事現場で新たなクラスター(感染者集団)が確認された。同市内のクラスターは7件目。同市のキャバクラ店、市原市の工場、八街市の居酒屋、柏市の病院のクラスターで新たな感染が分かった。

 千葉市中央区の建設工事現場では、船橋市居住の30代男性ら作業員3人が既に感染しており、新たにいずれも千葉市居住で20代と50代の作業員の陽性を確認し計5人のクラスターになった。20代作業員は9日に発熱などがあり、50代作業員は無症状。今後、2人とも入院する。

 同現場は作業員約500人がおり、このうち感染者と接触したとみられる121人の検査を実施中。これまでに感染者を含めて54人の結果が判明した。建設会社は作業中のマスク着用のほか、手指消毒や始業時の検温、事務所の換気など感染対策を行っていたという。

 また、千葉市中央区富士見のキャバクラ店「CLUB DIDA」で30代の男性客=同市居住=の感染が新たに分かった。同店関係の感染者は計14人に。

 同市はクラスター以外で、30代と40代の男性3人(市内居住2人、市原市居住1人)の感染も発表した。市によると、同市居住の30代接客業男性は16日に発熱などがあった。接待を伴う飲食店に勤務しているが、けがのため8月初旬から同店に出ておらず、仕事先での濃厚接触者はいないという。40代のアルバイト男性は無症状。市原市居住の30代男性会社員は11日に発熱などの症状が出た。

▼市原の工場でさらに3人

 県は25人の感染を発表した。クラスターが確認されている施設等では、市原市内の「JFEプロジェクトワン建設工事仮設事務所」(三井化学市原工場構内)で新たに30~40代の男性従業員3人の感染が判明。いずれも軽症、無症状。同じ作業場、休憩室を利用していた。同工場の感染者は14人に。八街市内の居酒屋「うまかもん のみ処(どころ) 蕗(ふき)」では40代男性の感染が分かりクラスターは9人に。

 市川市の女性看護師は、既に感染が分かっている同居家族と接触。17日に熱やせきなどの症状があった。横芝光町の女子中学生2人の感染も判明。20日までに生徒の通う学校の職員1人の感染が分かっていた。

▼柏の病院では計31人に

 柏市は20~70代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症。うち1人はクラスターが確認されている「柏たなか病院」の職員で、同病院での感染者は計31人になった。市によると、同病院に勤務する茨城県の50代女性は、18日に発熱やだるさなどを感じ、20日に陽性と分かった。

 都内の専門学校に通う20代女性は、16日の通学後に発熱や喉の痛みを発症。現在は健康観察中で、同居家族3人は陰性だった。70代の男性嘱託職員は、10日に発熱とだるさの症状があった。

 船橋市は、市川市に住む60代男性の感染を発表。17日、発熱や咽頭痛の症状が現れ19日に陽性と判明した。

▼千葉、市川、八街で各5人

 20日に県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市、市川市、八街市が各5人▽松戸市、市原市が各3人▽柏市、習志野市、横芝光町が各2人▽佐倉市、鎌ケ谷市、我孫子市、流山市、山武市が各1人▽県外3人―となっている。