ヒロミ、フジテレビ出禁でスタッフから「坊主にしてこい」

©株式会社光文社

ヒロミが9月17日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で、フジテレビ出入り禁止の過去を語った。

3人組コントグループ「B21スペシャル」としてブレイクし、『オールナイトフジ』(フジテレビ系)などに出演したヒロミ。

年末をニューヨークで過ごし、同番組の正月の生放送のため帰国予定だったが、ヒロミは「B21スペシャルは3人いるから1人いなくても大丈夫」と生放送を無断欠席した。

過去に相方のデビット伊東、ミスターちんがそれぞれ休んだことがあり、「3人組って1人いなくても大丈夫なんだ」とたかをくくっていた。

だが、帰国して連絡を取るとスタッフから「フジテレビ出禁になっています」と告げられたという。

ヒロミの欠席に同番組プロデューサーは「てめえ、なめてんのか! この野郎! 今から坊主にしてこい!」と激怒。ヒロミは「マネージャーと俺が坊主にして、謝りに行った」と頭を丸めたことを明かした。

だが、ヒロミは当時の所属事務所社長からは「出入り禁止だからまたニューヨーク行けるな」とジョークを言われたことを振り返っていた。

また、ヒロミは番組で大やけどを負った過去も回想。深夜番組『1or8』(同局系)で「ロケット花火を背負って宇宙に行く」という無謀な企画がおこなわれた。ヒロミは1万本のロケット花火を背負って、「人間ロケット」に挑戦。だが、火が体に引火して、「体の25%(焼けた)。2カ月集中治療室にいた」とコメント。直後に見舞いに来た木梨憲武から「死んじゃうんじゃん」と告げられたという。

入院中、ヒロミは当時から交際中だった松本伊代に病室でプロポーズし、2人は結婚したという。

YouTubeチャンネル『Hiromi factory チャンネル』も人気。波乱の半生を経て、多彩に活躍しているのだ。