【都立大学駅前】週3日(木・金・土)ランチ営業のみのベジタリアン料理「遊民(ゆうみん)」カフェ

©株式会社サンケイリビング新聞社

パクチーすまいるです。タイが好きで健康に関わる仕事をしていて、共通な部分も多いお友達と身体に優しいベジタリアンランチをしてきました。

場所は都立大学駅前から歩いて5分。こんな住宅街に⁉カフェがあるのかな~と思っていた矢先に着いた一軒家のお店です。

入口からほっこり可愛らしい。

出典:リビング東京Web

「こんにちは~」と、声をかけると中から女性が出てきました。店主のYUMIさんです。カフェの名前は遊民(ゆうみん)。ひとりで切り盛りしています。4年前にオープンされたそうです。

他にも重ね煮料理を教えたり、イベントの出店、ケータリングなどもしたり。ビーガン料理研究家として活躍されています。

そのためお店は木・金・土曜日の週3日、ランチのみの営業になりますので注意してください。

出典:リビング東京Web

靴を脱いでお邪魔します。まるでお友達の家に遊びに来たような感覚になる。入ってすぐのところには、長テーブルがありました。日差しがサンサンとして眩しい。このテーブルは息子さんが作ってくれたとのこと。愛がつまっています。

出典:リビング東京Web

中は4人掛けの座卓に、以前はクローゼット?らしき場所を利用した二人掛けのカウンター席になっていました。

出典:リビング東京Web

二人掛けのカウンター席は、秘密のスペースみたいで面白い。こそこそ話も進みそう。こちらに座りました。

メニューは?

ビーガン発酵スリランカカレーや大豆ミートと雑穀のヘルシータコライスもありましたが、あれもこれも一度に楽しめる『遊民Lunchプレート』重ねスープ付き(酵素玄米・玄米麹漬け物・れんこんハンバーグ・キャロットラぺ・紫キャベツマリネ・夏野菜重ね煮・春巻き)1500円を注文。

最初に冷たいスープとチップスが運ばれてきました。

出典:リビング東京Web

店主のYUMIさん、コースター集めが趣味らしく、いっぱいある中の一つを選びます。カラフルで迷う。

出典:リビング東京Web

しばらくしてメインプレート!!!

運ばれてきました。

出典:リビング東京Web

ひとつの皿にこれでもか~と色とりどりのおかずが並んでいて、テンションあがります。いくつもの種類が少しずつ食べられるのは嬉しいですよね。ひとつ、ひとつが手作りだというから尊敬します。自分では手間がかかるから作りません。

どれもカラダが喜びそうな、優しい味でした。かつ、薄味というわけでもなく、食べているうちに体がポカポカしてきました。栄養が隅々まで行き届いていき、元気を取り戻すお料理でした。

ご飯を食べた後は、デザートと飲み物を

ランチとセットの場合はドリンクは150円引き。飲み物も種類がいっぱいありました。珈琲だけでも4種類あったかな。ドリンクは手作り梅シロップのソーダ割を頼みました。

本日のデザートは甘酒プリンと言ってましたが、普段食べているプリンとは違う。どちらかと言うとババロア?プリンという感じ。今まで食べたことのない新食感な味で美味しかったです。さっぱり〆させていただきました。

出典:リビング東京Web

時間が止まったように、都会にいるのを忘れてしまうぐらいゆっくりとした時間が流れていく。急いで食べるのにはもったいないです。

限られた人数しか入れないというのもあるので、予約するのが確実。ゆっくりお野菜を味わいたい方、慌ただしい日常から離れてほっとした時間を取りたい方、ベジタリアンじゃなくてもぜひ行って欲しいおススメな場所です。

店名 遊民cafe

住所 東京都目黒区八雲1-7-2

営業時間 木・金・土 11:00-16:00

電話番号 090-1266-3366

FBページ https://www.facebook.com/pages/category/Tea-Room/%E9%81%8A%E6%B0%91cafe-113039295872578

不定期にお休みの場合もあるので、行く前にチェックされてくださいね。