<あのころ>「愛の国から幸福へ」

幸福駅切符が大ブーム

©一般社団法人共同通信社

1974(昭和49)年9月21日、当時の国鉄広尾線「愛国駅」から「幸福駅」行きの切符が人気となり、多くの観光客が訪れた北海道・幸福駅。「愛の国から幸福へ」と駅名の組み合わせが受け、まとめ買いもあり翌月には4月からの発行枚数が300万枚を突破。赤字線廃止の流れで同線は87年に半世紀の幕を閉じた。