ロアッソ、22日ホームYS横浜戦 3連勝で折り返しを

©株式会社熊本日日新聞社

ここまでリーグ戦全試合に先発し、右サイドから攻撃を引っ張るFW中原輝=県民総合運動公園

 明治安田J3第17節、2位のロアッソ熊本は22日午後6時から、えがお健康スタジアムに12位のYS横浜を迎え撃つ。全34試合のリーグ戦は今節で前半が終了。1試合の未消化がある首位秋田との勝ち点差は4で、FW中原輝は「リーグ後半戦で秋田に迫っていくためにも、勝って折り返したい」と3連勝を誓う。

 YS横浜は前節、5位の鹿児島に2-1で逆転勝ちし、勢いに乗っている。前線に今季9得点の長身FW宮本拓弥を擁し多彩な攻めで得点力は上位チームと肩を並べる。

 一方、総失点30はリーグワースト2位で守備には粗さが見られる。熊本は攻撃陣が好調を維持しており、これまで通りテンポの良いパスワークで相手を崩し、複数得点を狙いたい。

 今節で中2日の連戦は今月3試合目となる。これまでの2試合では足がつる選手も出る中、いずれも勝ち切った。先発出場を続ける中原は「体はきついが意外とやれている」と頼もしい。

 前節の藤枝戦は退場者を出しながら、終了間際の決勝ゴールで劇的な勝利を飾った。大木武監督は「10人でも勝てたという、(チームの)団結力や一体感を引き続き出したい」と意気込んだ。(河北英之)