シンプルなのに刺さる... マスク社会の今、SNSで支持された「エテュセ」の化粧品広告

©株式会社ジェイ・キャスト

SNSで支持された「エテュセ」の化粧品広告

このエテュセの広告すごい――化粧品メーカーエテュセ(東京都港区)の広告がSNS上で大きな注目を集めた。広告に映る女性の目元や髪や背景は落ち着いた同系色でまとめられている。しかし口元とスカートだけ、鮮やかな刺し色を用いられているのが印象的だ。また、両ひざを頂点に垂れるスカートは、自然に「唇」のシルエットを描く。

【画像】エテュセの広告 5種類

J-CASTニュースは、エテュセに、制作背景などについてメールで取材を行った。

シンプルだからこそメイクやファッションに注目

「コンセプトを、ビジュアルだけで素晴らしく表現してる」といったファンのツイートが発端で、ツイッター上ではエテュセの広告が話題となった。

無地の背景に人物だけというシンプルな広告だが、その分、色味やメイクといった細かなところに注目が集まる。

エテュセの広告のこだわりは、メイクだけでなく、ファッションやスタイルまでを提案すること。そのために、今回のSNS上での反響には手ごたえを感じたようだ。

同社は、1991年に「自由のステキ」を標榜する化粧品ブランドとして登場した。誕生から30年目を迎えたことし3月、新たなコンセプトのもと商品ラインナップなどを刷新。「今から変わるよ。なりたい私に。」というメッセージを打ち出し、広告に力を入れている。

広告撮影の裏話

エテュセによれば、近年はワントーンカラーのファッションが流行しており、今年はそれがさらにアップデートされた「ニュアンスワントーンコーディネート」が注目されているという。これは、色だけでなく素材違いやグラデーションのニュアンスを取り入れたワントーンコーディネート。同社では、今秋「2020.Autumn Collection」のテーマを「ニュアンスワントーンスタイル」と打ち出し、その色使いをメイクパターンにまで反映したスタイルを提案した。広告は5種類展開されている。

今回、商品開発・広告等におけるトレンド監修を行ったのは、阿保麻都香さん。国内外ファッションショーなどで活躍する資生堂グループのヘアメイクアップアーティストだ。アートディレクターは、吉田ユニさん。ラフォーレ原宿、LUMINEのビジュアルや、木村カエラや星野源のCDアートワーク、渡辺直美プロデュースのブランドPUNYUSのアートディレクションなどを務めたことで、若い女性から高い人気を誇る。

エテュセによれば、広告制作の際にはスカートの形の表現で試行錯誤したという。

そしてエテュセは、広告などで話題となった「リップエディション(ティントルージュ)」がとても好評だと述べた。