スパイスで香ばしさ引き立て 本場インドで研究した特製カレーを召し上がれ

©株式会社沖縄タイムス社

一番人気のチキンカレーとキーマカレーの2種盛り(980円)。スパイスの風味が効いた煮卵(120円)など付け合わせにも自信あり

[胃心地いいね](593) spice kitchen naminami

 スパイスの魅力を存分に味わえるカレーはもちろん、糸満産野菜などを使った副菜、自家焙煎(ばいせん)のコーヒーも楽しめるカフェのような食堂だ。店の前身は旧糸満公設市場内にあったカフェナミナミ。店主をしていた境幸生さん(41)が、市場の建て替えに伴い「カレーをメインにした食堂を開きたい」と、知り合いだった料理人の和高修久(わたかなおひさ)さん(39)を誘い、今年6月、スパイスキッチンナミナミをオープンした。

 開業前、2人でインドまで出向き、スパイスの配合や素材の生かし方など研究を重ねた。レギュラーメニューのチキンカレー(税込み890円)は、スパイスと自家製ヨーグルトで鶏肉をしっかりと味付け。仕上げに加えるスパイスで香ばしさを引き立てている。

 糸満公設市場で仕入れる新鮮な豚肉を使ったやみつきキーマカレー(830円)も人気。ホールのままのスパイスが口の中ではじけ、香りが広がる。メニューによっては、日本人の味覚に合うようにみそやしょうゆを隠し味に使うこともあるという。

 信頼できる県内農家から仕入れた肉や無農薬の米を使うなど、どのメニューも「安心しておいしく食べられる」ことにこだわる。

 「中華や洋食の要素を取り入れたカレーなど、スペシャルメニューの開発にもどんどん挑戦したい。スパイスの可能性を表現していければ」と和高さん。境さんは「どのメニューにも自信あり。たくさんの人に愛されるスパイス料理を提供していきたい」と笑顔で胸を張った。(南部報道部・松田麗香)

 【お店データ】糸満市糸満989の83(糸満市場いとまーる内)。電話080(7532)7133。不定休(今月21.22日は休み)。営業時間は午前11時~午後3時。

「スパイスの魅力を生かしたいろいろなレシピを開発したい」と話す境幸生さん(左)、和高修久さん=15日、糸満市糸満
スパイスキッチンナミナミ