敦賀気比が金津の逆転許さず4強 第143回北信越地区高校野球福井県大会2020

©株式会社福井新聞社

秋の北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・金津―敦賀気比 敦賀気比の先発・上加世田頼希=9月21日、福井県福井市の福井県営球場

 第143回北信越地区高校野球福井県大会は9月21日、福井県営球場で準々決勝2試合が組まれ、第1試合は敦賀気比が金津を8―2で破り、準決勝に進出した。

金津 020 000 000…2 220 000 40x…8 敦賀気比

■金津 藤田貴志、今川大幹、松永丞生、北嶋竜成―森岡桜介 ■敦賀気比 上加世田頼希、竹松明良―長尾朝陽

 敦賀気比は一回、小西奏思の左前適時打などで2点先制。同点に追いつかれた直後の二回、1死二塁から長尾朝陽の左前適時打で勝ち越しの1点。この回、森田世羅にも適時打が出て2点リードとした。七回には、安打と四球で無死満塁から大島正樹の中前適時二塁打で2点を追加し、1死後、沼田航の右犠飛と竹松明良の右前適時打でさらに2点を奪い8―2とリードを広げた。

 敦賀気比の先発上加世田頼希は七回途中まで2失点と粘りの投球。代わった竹松が試合を締めた。

 金津は2点を追う二回、1死からの4連打で同点に追いついた。2点をリードされた四回には前田泰成と牧田大洋の安打で1死一、三塁とチャンスを作るが続かず無得点。七回、2死から濱出武蔵と堀田孝太朗の安打で2死一、二塁とし、続く藤田貴志の左前打で二走がホーム狙うもホームでタッチアウト、無得点に終わった。その裏4点を奪われ力尽きた。