Jリーグ、30日にも50%に

観客数上限引き上げでチェアマン

©一般社団法人共同通信社

 サッカーのJリーグの村井満チェアマンは21日、収容数1万7千人以上のスタジアムにおける観客数の上限について、早ければ30日の試合から50%に引き上げる考えを示した。現在は30%程度で運用しており、24日に実行委員会を開いて協議する。プロ野球との「新型コロナウイルス対策連絡会議」後のオンライン記者会見で公表した。

 アウェー観客席の設置は再び先送りする意向で「まずはしっかり状況を見極める。ステップ・バイ・ステップで検討していきたい」と説明した。

 入場制限によるクラブ経営への影響は大きい。「多くのクラブが赤字決算になる可能性がある」とし、改めて支援を約束した。