ユーモアかかしで笑顔に 青年連盟が設置、JA東西しらかわ

©福島民友新聞株式会社

設置作業をした青年連盟のメンバーとかかし

 棚倉町に本店があるJA東西しらかわの青年連盟は19日までに、同町流の田んぼに手作りかかしなどを設置した。

 同連盟は毎年、休耕田を活用した「どろんこバレー」を開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となった。

 同連盟は地域社会を明るくするためかかしの製作を決定、作ったかかしはユーモアあふれる出来となっている。

 酒井清三委員長は「かかしを多くの人に見てもらい、笑顔になってくれるとうれしい。農業に興味を持つきっかけにもなれば」と話した。

 かかしは来年2月まで展示する予定。