プロ野球とJ、感染防止に協力を

シーズン全うへファンに呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第16回会議後にオンラインで記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=21日

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第16回会議が21日、オンラインで開かれ、シーズンを全うするため、プロ野球の斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマンが連名でファンに感染防止への協力を呼び掛けるメッセージを発表した。

 政府のイベント開催の制限緩和を受け、プロ野球12球団とJリーグの一部のクラブは観客数上限を引き上げた。観客数増加を踏まえた対策として、(1)マスクの着用(2)声援ではなく拍手での応援(3)飲食の際は会話を控える―を列挙し「スタジアムから感染者を出さないことが本当の応援です」と訴えた。