禁煙の道議会庁舎内で一部議員が喫煙

©HTB北海道テレビ放送株式会社

5月から利用されている道議会新庁舎。屋内は禁煙となっていますが、一部の議員が控室などで喫煙していたことがわかりました。

7月に施行された改正健康増進法では「議決機関」は喫煙所を除いて屋内は禁煙となっています。

現在道議会新庁舎に喫煙所はありませんが、関係者によりますと、自民党会派の一部議員が控室や地下駐車場で喫煙していたことが確認され、23日の役員会で対応を話し合うということです。

また、民主・道民連合も喫煙した議員がいないか調査を進めています。

道議会の喫煙所をめぐっては自民党会派が議員控室への設置を決めていますが、新型コロナ対応を優先するため議論が先送りされています。