気分が上がる! イエローアイテムを取り入れたお手本コーデ3選

©株式会社オールアバウト

イエローアイテムを身につけて、ポジティブに!

昨今は、猛暑、豪雨、地震といった地球環境の変化に伴って、自分を着飾るよりもリラックスしたファッションを好む人が増えています。コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行も、本質的な事柄を浮き彫りにして、自分らしくありたいと願う人々の流れを後押ししています。

今季はスモーキーで落ち着いた印象のベイクドイエローといった、少し癖のあるイエローがトレンドカラー。ベイクドとは、「焼いた」という意味で、少し焦がしたようなくすんだ色のこと。ちょっとくすんで深みのある色合いは、大人女性にもマッチするので、コーデに取り入れやすいですね。

レモン色のような原色のイエローは難易度が高いと思われる方も、ベイクドイエローならトライしやすく、また、差し色としても効果的です。

イエローは、にぎやかさ、陽気さ、ハッピー、爽やかといったイメージを持たれる方が多く、気分を前向きにしてくれるカラーです。見た瞬間、ポジティブになれるこのカラーをコーデに投入すれば、少し元気がない日でも、明るく過ごせる一助となるかもしれません。

そんなベイクドイエローを使ったコーデを3点ご紹介! 早速、みていきましょう。

1. 落ち着いたベイクドイエローカラーのジャケットを主役にして

出典:WEAR

袖下に入ったスリットがポイントのノーカラージャケット。落ち着いた色味なので、派手にならず、大人女性にぴったり。リネン混のジャケットですが、しなやかに落ち感があるので着心地が軽やかです。

しっかり長さのある着丈のワンピースは雰囲気があり、Iラインを演出してくれるので、スタイルアップにもつながります。足元には「NIKE(ナイキ)」のエアリフトを持ってきてカジュアルダウン。

2. トレンドのプリーツ加工が施されたベイクドイエローパンツが目を引く

出典:WEAR

今季も引き続き人気となっているプリーツが施された、ベイクドイエローのパンツが目を引くコーデ。幅の細いランダムプリーツなので、滑らかな動きが出て上品な印象を醸し出しています。

プリーツパンツはモードな雰囲気もありますが、こちらは裾がメローデザインになっているため、女性らしい印象に。そこに、ほんのり透け感が出て涼しげな印象のシアートップスを合わせれば、秋の始まりにぴったりのスタイリングの完成です。

3. バッグといった小物なら、ベイクドイエローも取り入れやすい

出典:WEAR

ウエアという面積の大きいアイテムで、ベイクドイエローを取り入れるのは難易度が高いと感じられる方におすすめなのが、バッグといった小物で投入すること。こちらは、リブワンピースに細身のストレートシルエットのハイウエストパンツを合わせたコーデ。アースカラーでまとめたスタイリングに、ベイクドイエローの六角形のミニショルダーが、アクセントとして効果的です。

以上、ポジティブな気分に導いてくれるベイクドイエローを使ったコーデを3点ご紹介しました。ぜひ、元気がない日に取り入れてみてくださいね!

(文:遠藤 友香(レディースファッションガイド))