「無慈悲なライトゴロ」広島・鈴木の好守で初安打消えた巨人・直江に同情の声

©株式会社Creative2

巨人・直江大輔【写真提供:読売巨人軍】

直江は5回途中2失点で降板、プロ初勝利ならず

■巨人 10-3 広島(21日・東京ドーム)

巨人の直江大輔投手が21日、本拠地・東京ドームでの広島戦で初安打が幻と消えた。右前へ痛烈なゴロを放ったが、右翼の鈴木の好守によって「右ゴロ」に。節目の快音を飾れず、プロ初勝利もならなかった。

2回2死で迎えた第1打席。直江は広島の先発・九里の初球を振ると、打球は勢いよく一、二塁間を抜けて右前へ。記念すべきプロ初安打かと思われたが、前進していた鈴木が捕球すると即座に一塁に送球。直江がベースを駆け抜ける前に、アウトが告げられた。本業の投球では4点リードした5回途中で降板。4回1/3を4安打2失点で白星には届かなかった。

この珍しい右ゴロを「DAZN」公式ツイッターは動画で公開。ファンからは「ガチかっけーやん」「鈴木誠也守備もいいよなあ!」と鈴木の好守に絶賛の声が上がった一方で、初安打がかなわなかった直江に対して「プロ初安打を阻んだ無慈悲なライトゴロ」「幻の初ヒット」と同情する声も少なくなかった。

【動画】無慈悲なライトゴロ…巨人・直江の初安打を消した広島・鈴木の攻守の実際映像

【動画】無慈悲なライトゴロ…巨人・直江の初安打を消した広島・鈴木の攻守の実際映像 signature

(Full-Count編集部)