【ミャンマー】台風上陸でモン州などに被害、3人死亡[社会]

©株式会社NNA

台風「ノウル(台風11号)」が先週末、ミャンマーに上陸し、強風や豪雨、高波などが発生し、東部モン州で3人が死亡するなど、各地で被害をもたらした。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が21日伝えた。

モン州では、イェ、パウン、チャイトーの3郡区で家屋90軒以上が損壊した。エー・ザン州首相は20日、チャイトー郡区を訪れ、被害を受けた人々への人道的支援を開始した。

南部タニンダーリ管区では、コータウン、メイ(メルギー)、パラウの3郡区で洪水が発生し、430世帯超の1,600人以上が避難所などに避難した。パラウ郡区では強風で家屋50棟と学校1校が全壊した。

中部バゴー管区カワ郡区では、18日から19日にかけて続いた豪雨で川が氾濫し、1,500世帯超の7,000人以上が避難した。